メンタルヘルス対策の中での「家族」

4つのケア

1年ほど前にメンタルヘルス対策の基本として「4つのケア」を紹介した。

その内容を振り返ってみよう。

(1)セルフケア
労働者自身がストレスや心の健康について理解し、自らのストレスの予防、軽減、また対処を行う。

(2)ラインケア
労働者と日常的に接する管理監督者(管理職)が、心の健康に関して職場環境などの改善や、労働者に対する相談対応などを行う。

(3)事業場内の産業保健スタッフによるケア
産業医や保健師などが、事業場の心の健康づくり対策の提言を 行うとともに、その推進を担い、労働者及び管理監督者を支援する。

(4)事業場外の専門機関によるケア
事業場外の機関及び専門家を活用し、その支援を受ける。(EAPや産業保健センターなど)

「家族」という重要な協力者

上記の「4つのケア」に加え、メンタルヘルス対策の中で重要な協力者になるのが「家族」だ。

過去うつ病から休職⇒復職した方や、精神科の産業医の医師から実際に聞いた話では、家族の理解はとても重要で、家庭での状況を企業側の人事部と情報共有することにより、うまく復職に繋げというケースを聞いたことがある。
(情報提供は本人の同意が前提ではあるが。)

また、労働者の変化にいちはやく気が付くのはやはり家族であることが多い。
本人に治療勧奨も可能になるし、休業中/職場復帰時及び職場復帰後のサポートなど、メンタルヘルスケアに大きな役割を果たす。

メンタルヘルス対応に困っている人事の方は、一度家族のサポートを再確認されてはいかがだろうか?

(参考)労働者の心の健康の保持増進のための指針

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

杉井 将紘株式会社ドクタートラスト 常務取締役

投稿者プロフィール

IT企業に長年従事。その際の労働環境が整備されておらず、訴えても変わらない状況から健康管理会社のドクタートラストへ転職を決意。
畑違いの業界に戸惑いつつも、ITの力を駆使して産業保健業界に一石を投じるべく日々奮闘。
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る