特定保健指導とは

特定保健指導とは

特定保健指導は、メタボリックシンドロームに着目した保健指導です。
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)とは、内臓脂肪の蓄積に加え、高血圧・高血糖・脂質異常症などが重複した状態のことをいいます。
メタボリックシンドロームによる自覚症状はほとんどないものの、放っておくと動脈硬化が急速に進行し、心臓病や脳卒中などを引き起こす危険性が高まるとされています。
そこで、メタボリックシンドロームによる疾患へのリスクを判定し、医師、保健師、管理栄養士らと行動計画を作成し、生活習慣の改善を目指すのが特定保健指導なのです。

階層化のステップ

【ステップ1】 腹囲・BMIで内臓脂肪蓄積のリスクを判定

・ 腹囲が男性:85cm以上、女性:90cm以上(1)
・ 腹囲が男性:85cm未満、女性:90cm未満、かつBMIが25以上(2)

【ステップ2】 検査結果・問診票にて追加リスクのカウント

・ 血圧:収縮期130mmHg以上または 拡張期 85mmHg以上
・ 脂質:中性脂肪 150mg/dlまたはHDLコレステロール40mg/dl未満
・ 血糖:空腹時血糖100mg/dl以上またはHbA1c 5.6%以上
・ 質問票:喫煙歴あり

【ステップ3】ステップ1、2の結果から保健指導レベルを分ける

ステップ1が(1)の場合

ステップ2で該当する項目数
・ 0の場合:情報提供レベル
・ 1の場合:動機付け支援レベル
・ 2以上の場合:積極的支援レベル

ステップ1が(2)の場合

ステップ2で該当する項目数
・ 0の場合:情報提供レベル
・ 1~2の場合:動機付け支援レベル
・ 3以上の場合:積極的支援レベル

【ステップ4】 条件により保健指導レベルの結果を調整する

・ 65歳以上75歳未満:積極的支援となった場合でも動機付け支援とする
・ 服薬中の人:医療保険者による特定保健指導の対象者にしない

情報提供、動機付け支援、積極的支援とは

情報提供:健康な生活習慣の重要性に対する理解と関心を深め、自身の生活習慣を見直すきっかけとなるよう、基本的な情報を提供。

動機付け支援:メタボリックシンドロームのリスクが出始めた人が対象の保健指導。生活習慣の改善を促す原則1回のみの支援です。
【初回】個別面接またはグループ学習
【6ヵ月後】生活習慣改善状況確認(電話、メール、手紙、FAX)

積極的支援:メタボリックシンドロームのリスクが重複している方を対象とした保健指導。3ヵ月以上、複数回にわたっての継続的な支援を受けることができます。
【初回】個別面接またはグループ学習
【3~6ヵ月間】個別に面談、電話、メール、手紙、などで継続サポート
【6ヵ月後】生活習慣改善状況確認(電話、メール、手紙、FAX)

動機付け支援と積極的支援の支援内容は

特定保健指導を受ける施設・機関によって面接などの内容・継続支援におけるメールや電話などのツールは変わってきます。
面接ではまず、医師や保健師よりメタボリックシンドロームに関しての情報が提供されます。
そして健診結果をもとに、対象者が現在どのような状況なのかの説明を受けます。
ここでは対象者の生活習慣の見直し、対象者の健康に関する考え方の振り返りを行います。
生活習慣改善のためのキーポイントとなるため、現在の状況をより多く話すことが大切です。
そして、無理のない範囲で、現在の体重からどれくらいの体重を6ヵ月間で減量したいかを決めます。
ちなみに、体重1kgにつき腹囲1cmの減です。
自分の生活習慣のどの部分だったら変えることが可能か、また、プラスの生活習慣としてどのようなものだったら取り組んでいけるかを医師や保健師などと考え、設定した体重減量目標に合わせて6か月間の行動目標を立てます(1kgの減量には7,200kcalのマイナスが必要だといわれています)。
施設によって異なってきますが、生活習慣改善のヒントとなる資料をもらったり、体重・腹囲の測定方法や測定したものの記録の残し方を習ったりできます。

また、積極的支援では面接後、数ヵ月に1度の単位で医師や保健師からの状況確認・継続支援があります。
状況確認・継続支援は主にメールもしくは電話にて行われ、現在の体重・行動目標への取り組み状況の報告・行動目標に取り組む中で困っていること、疑問に思っていることを医師や保健師などに相談する機会です。

そして、動機付け支援・積極的支援ともに6ヵ月後に電話、メール、面接などのツールにて計画の実績評価を行います。

特定保健指導を受けよう

仕事やプライベートが忙しかったり、生活改善を押し付けられそうなどの理由で前向きになれず、特定保健指導のお知らせが来ても、申し込みを躊躇してしまう人が多いでしょう。
特定保健指導は、生活改善を押し付けられるのではなく、自身の生活習慣を振り返り、専門家と一緒にこれからの健康について考える場です。
自分の生活習慣を振り返り、脳梗塞や心筋梗塞など大きな病気に発展する前に、自分の健康について考える良い機会として、一度は特定保健指導を受けてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉尾 清乃株式会社ドクタートラスト 保健師

投稿者プロフィール

大学在学中に働く世代の方々の健康の大切さに興味を持ち、保健師になって約10年。今までいろいろな現場にてメンタル身体問わず健康の大切さをお伝えさせていただいてきました。働き盛りの忙しい時期にご自身の健康にいかに気を気を使えるか、これがこれからの人生100年時代をイキイキと生き抜けるかどうかに非常にかかっています。そのお役に立てるよう忙しい中でも読んでよかったと思える情報をお伝えしていきます。
【保有資格】看護師、保健師、第一種衛生管理者、人間ドック健診情報管理指導士、健康運動指導士
【詳しいプロフィールを見る】
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  2. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  3. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る