安全衛生優良企業②

以前こちらのブログでご紹介した安全衛生優良企業ですが、
ついにシンボルマークとキャッチフレーズが決定した!

シンボルマーク
キャッチフレーズ「働く人の安全と健康こそ企業の業績」
呼称「安全衛生優良企業」※いずれも厚生労働省HPより拝借

※安全衛生優良企業とは

『労働者の安全や健康を確保するための対策に積極的に取り組み、
高い労働安全衛生水準を維持・改善している企業』

メンタルヘルス対策や過重労働対策などに積極的に取り組んでいる企業が
社会的に評価され、認知されるためのこの仕組みは平成27年6月を目途に
制度化される予定だ。

★安全衛生優良企業の評価項目の概要★

(厚生労働省HPから抜粋)

必要項目1
(過去3年の企業の状況)
・労働関係法令の重大な違反がない
・労働災害発生状況等が同業種平均に比べ低い
・法令違反を理由に国から企業名を公表されていない等

必要項目2
(現在の企業の取組)
・安全衛生に取り組む組織体制の整備
・企業のトップも含む全社的な取組

評価項目
(企業の積極的な取組の評価)
安全衛生活動の推進のための取組
健康保持増進対策
メンタルヘルス対策
過重労働防止対策
受動喫煙防止対策
安全対策(リスクアセスメント等)(製造業・建設業等に限る)

<優良企業認定基準>
・必要項目1、2をすべて満たす
・評価項目について、以下を満たすこと
評価項目全てを満たした場合の合計点と比して
(i)各取組・対策ごとには、いずれも6割以上※
(ii )全体としては8割以上
※健康保持増進対策、メンタルヘルス対策、過重労働防止対策、安全対策の各項目

2 認定の有効期間と取消
有効期間は3年。認定基準を満たさなくなったら取消
3 積極的な公表
認定企業においては、それらを表すシンボルマークなどを商品や広告などに自由に使用できる。
国は、認定企業のホームページ公表、求職者などへのアピール、調達における優良企業の優遇などの要請を行う。

シンボルマーク・キャッチフレーズ・呼称は、この制度で優良企業であると認定された企業のみが使用することができます。
厚生労働省HP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冨田さゆり株式会社ドクタートラスト 産業カウンセラー

投稿者プロフィール

ドクタートラストに入社して6年目、多くの民間企業・官公庁の健康管理に関わってきました。産業カウンセラーの資格を取得し、専門知識を深める日々です。対企業、対従業員、健康に働くためのアプローチは多種多様。各々の特性に合わせたアドバイスを心掛けています!
【保有資格】産業カウンセラー
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  2. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  3. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る