食べ過ぎた・・・。でも無かったことに!?

12月も終わりに差し掛かっていますが、
忘年会続きで食べすぎ・飲みすぎなんて方も多いのではないでしょうか。
また、女性の多くは食べ過ぎてしまったので
「明日からダイエット!」が口癖の方は多いのではないでしょうか?(私もその一人です。)

食べ過ぎたので、歩いて帰ろう。
食べ過ぎたので、特保のお茶を飲もう。と、すぐに行動に移すのはいいことですが、
実際に脂肪となってしまうのは、
食べ過ぎた日から約半日~2,3日と言われており、
余分に摂った脂質や糖質が脂肪として蓄積されてしまう前に
エネルギーとして消費してしまうこと!が
「無かったこと」を実現するポイントなのです。

本来であれば、食べた分、運動をする!それに越したことはありませんが、
約半日~2、3日の間では中々難しいですよね。
そこで今回は食事で出来る「無かったこと」をご紹介いたします。

◇老廃物の排出

カリウムの摂取
人は食べ過ぎると・・・
⇒余分な水分が蓄えられ身体がむくんでしまう。
⇒むくむと老廃物がたまり、セルライトができやすくなる。

それに食事で対抗するにはカリウムの摂取は避けられません。
食べ過ぎた翌朝は食事を控えるのではなく、
下記の食材を摂り、老廃物をしっかり排出しましょう!

納豆・わかめ・アボカド・ほうれん草・にんじん
パイナップル・キウイ・グレープフルーツ

納豆や果物は単体で摂取できる為、比較的に身近な食材ですね。

◇脂肪燃焼の促進

青魚の摂取
青魚を中心に、魚類には脂肪燃焼を促進し、
体脂肪を燃やすEAP(エイコサペンタエン酸)が含まれています。

さば・まぐろ・さけ・さんま・ぶり・いわし等

老廃物の排出や脂肪燃焼を考えると、下記メニューは実はもってこいなのです。
・ご飯(通常の半分程度)
・さんま
・納豆
・果物

今回は食事での「無かったこと」作戦を紹介させて頂きましたが、
食事に加え、運動も行うともっと効果があがるでしょう。

「食べ過ぎてから半日~2、3日」が勝負です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  2. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る