メンタル不調者を出さない為の体制づくり

メンタル面での不調者を出さない為に

メンタル面での不調者を出さないようにするために、
社員の声をしっかりと聞くことが大切です!

メンタル不調社員の声をしっかりと聞ける体制をまず造りましょう。

1. 体制の整備

・安全/衛生委員会が正常に機能できるよう社内的に権限やルールを制定する。
・メンタル相談の専門社員(衛生管理者が望ましい)を配置する。
・個人情報(ストレス情報など)の収集ができる専門社員(衛生管理者)を任命の上、
安心して社員が相談できる体制を整備し、情報漏えいを防止する。
・専門医(精神科医、心療内科医)による面接指導を実施する。
・休職、復職の決定機関(休職・復職決定委員会)を整備する。 など

また、近頃は、上司・部下で飲みに行く機会が減り、指揮命令も「メール」で行われるなど、
極端にコミュニケーションが不足しています。
社員のストレス度合いについて、人事部が、情報収集できる体制を構築しましょう!

2.情報収集

・年2回程度 厚生労働省推奨の「疲労蓄積度チェックシート」を活用する。
・部門別、管理職別のストレッサーランキングの調査を実施する。
・保健スタッフ(衛生管理者)による個別面談の実施。
・産業医による過重労働者面談を実施し、メンタル面で懸念のある人を早期発見する。

情報収集の為には、社員同士のコミュニケーションのある、
風通しの良い職場づくりも効果的です。

社内の風通しをよくする為に、
実際に企業で行われた実例をご紹介させていただきます。

1.朝・夕のあいさつ運動

2.朝礼時のミーティング

3.机の上のネームプレートに写真、自己PRを記載

4.職場ごとの飲み会等レクレーションへの補助

5.経営層、管理者との定期的面談

など

悩みがあればすぐ誰かに相談できる。

そんな職場をつくり、
メンタル不調者の予防・早期発見につなげましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  2. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  3. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る