産業医面談 その③<メンタルヘルス相談>

職場のストレスによるメンタル不調が増加するなか、企業ではメンタルヘルス専門の相談窓口を社内外に設置し始めています。
社内にメンタルヘルス相談窓口を設置する場合には、産業医によるメンタルヘルス面談の重要性も増してきています。

メンタルヘルス相談への流れ

メンタルヘルス相談には、2つの方向からのアプローチがあります。

1.自らがメンタルヘルスの不調を自覚し、相談を希望する
2.上司や同僚・家族など、周囲の人がメンタルヘルスの不調を疑い相談する

1のケースへは、社内でメンタルヘルス相談窓口の周知を行い、従業員が自発的に相談に来るのを待つことになります。
2のケースでは、管理職をはじめ従業員の、メンタルヘルス不調を早期発見するための知識が重要です。

メンタルヘルス相談って何をするの?

産業医によるメンタルヘルス面談は、治療ではありません。
安全に正確に仕事ができるかを判断し、企業として従業員のメンタルヘルス改善策を検討するための面談です。

<相談内容例>

・メンタルヘルス不調の原因と状況を確認する
・就業制限の必要性を判断する(就業の可否を含む)
・メンタルヘルス不調改善のための、社内の環境整備・改善の必要性を検討する
・医療機関受診の必要性を見極め、受診を促す
・メンタルヘルス不調の改善具合を確認し、就業制限の解除を行う
・主治医との情報交換や連携  など

企業の安全配慮義務と従業員の健康の両面からの総合的な判断が必要となります。

プライバシーへの配慮は不可欠

産業医とのメンタルヘルス面談では、個人のプライバシー配慮が重要です。
面談を希望する従業員に対しては「なぜ、面談をしたいのか」など、必要以上に踏み込んだ質問をしないようにしましょう。
また、他の従業員の目を気にすることなく相談が出来る個室を準備することはもちろん、他の面談者とバッティングしない面談スケジュールの設定などの工夫も必要です。

重要なのは、予防

近年、メンタルヘルス相談を重要視し、産業医にメンタルヘルス対応の得意な医師を希望する企業が増えています。
今後導入されるストレスチェックなどへの期待も大きく、産業医のメンタルヘルス面談が、メンタル不調の予防・早期発見つながると考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  2. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  3. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る