エボラ出血熱 対策と基礎知識

日本上陸は間近?

先日、国内ではエボラ出血熱が疑われる者の報道が相次ぎ、一時騒然となった。
結果、いずれも陰性だったが、
もはや日本にいつ上陸してもおかしくはない状況といえるのではないだろうか。
初発報告が挙げられた頃には、まだ遠い国の話のように思えたものが、
今ではすっかり身近なトピックスとなった。

しかし、ニュースでは耳にするものの、「病気についてはよく分からない」、
「情報が錯綜しており、何が正しい情報か分からない」、という方も多いだろう。
ここでは、エボラ出血熱についての基礎情報についてお話ししていきたい。

エボラ出血熱について

<感染経路>

患者の体液に直接接触することにより感染する、「接触感染」である。
体液とは、血液・分泌物・吐物・排泄物を指し、体液等に汚染された物質(シーツ、衣類、医療器具、患者が使用した生活用品など)に、傷口や粘膜が触れても感染することがある。
空気感染するものではないが、国内では感染症の中でも極めて危険性が高いものとして、一類感染症に指定されている。

<症状>

2~21日(通常7~10日程度)の潜伏期間を経て、
38度以上の高熱、頭痛、筋肉痛、咽頭痛などの風邪に似た症状から始まる。
続いて、嘔吐・下痢や、内臓機能の低下が見られ、さらに進行すると身体の様々な部分から出血し、死に至る。

<治療>

特効薬はない。症状に応じた補液・与薬等の対症療法を行い、生存の確率を高めるための治療を行っていく。

<予防>

予防するためのワクチンはないため、感染が疑われる人との接触、流行地域での行動を可能な限り避けるほかない。
厚生労働省は、空港や港での検疫態勢を強化し、日本到着前の21日以内に流行地域での滞在歴のある人は、
検疫法に基づき、「患者と接触歴がない場合でも」体温などを検疫所に報告するよう義務付けた。
また、潜伏期間中に発熱した場合はまずは保健所に連絡し、二次感染を防ぐため、自分から医療機関に行かないよう指導している。

 

さて、日本はこれからインフルエンザシーズンを迎える。
初期症状を見ると非常に似ているため、今後発熱患者があふれる医療現場において、その全てを疑わしいと対応するにはなかなか難しい部分もある。

また、厚生労働省はエボラ出血熱の国内発生時に備え、患者を受け入れる指定医療機関の診療を支援する
専門家チームを作る方針を明らかにした。
今後も診療態勢や感染対策など、国の動向に注目したい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  2. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る