キャリアアップ助成金で派遣社員を正社員に

「キャリアップ助成金」という制度があるのをご存知だろうか。
これは政府が、非正規社員の正規雇用化を支援するための制度である。

趣旨

近年、若年層を中心に増えている非正規社員は、正規社員に比べ賃金が低い。
能力開発の機会が少ないなどの問題点が指摘されている。
そこで政府は、雇用の安定や公正な処遇を促進するため、労働契約法の改正を行った。

平成24年6月に、雇用戦略対話で決定した「若年雇用戦略」では、非正規から正規社員への引き上げや、人材育成、処遇の改善など、キャリアアップに取り組む企業への支援を行うことなどが記された。

このような状況を踏まえ、政府は平成24年10月26日に閣議決定された、
「緊急人材育成・就職支援金」を活用し、非正規社員への人材育成への支援を実施し、
さらに、平成25年度に、非正規社員のキャリアアップを育成するため、
「キャリアアップ助成金」の制度が創設されたのである。

キャリアアップ助成金の助成条件

① キャリアアップ管理者を置くこと
② キャリアアップ計画を作成
※ただし、キャリアアップ計画は・正規雇用、無期労働契約への転換支援、
人材育成、処遇改善、健康管理、時短正社員への移行・新規雇入れ、時短労働者の希望に基づいた社会保険適用のための所定労働時間の延長のいずれかが盛り込まれている事。
以上に当てはまれば一定の助成が支給されるのである。

具体例として「正規雇用等転換コース」では
① 非正規社員として6ヶ月以上雇用
② 正社員に転換
③ 正社員に転換して6ヶ月以上雇用
これらの三つを満たせば、支給申請が可能になる。
また、平成28年3月31日までに受給した場合、
1人当たりの支給額は最高50万円となる。

このように、事業主は非正規社員でも労働関係法や社会保険関係法令の適用があることを認識し、遵守しなければならない。
詳しくは厚生省のページにあるので、ぜひ一度確認してほしい。

厚生労働省 キャリアアップ助成金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
仲新 藍

仲新 藍株式会社ドクタートラスト

投稿者プロフィール

WEBサイト運営の仕事の中でSEOやSEMについて学ぶ。WEB系ではありがちなブラック企業で働いているうちに働く人の健康について深く考えるようになる。今では1児の母となり、育児に追われながら仕事に邁進中。
育児をしながら働く方に役立つ記事を中心お届けします。
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  2. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る