女性雇用の促進

女性雇用の促進

現在、少子高齢化が加速し労働人口が減少している中で
政府は女性の雇用に注目し今後の経済成長の大きな柱としている。
そこで政府は、女性の社会進出を促すため、待機児童の解消や、保育サービスの充実、
小学生を対象とする学童保育などの対策を進めている。
企業にも育児休業や短時間勤務制度を整えるよう要請し、条件を満たす事業主には助成金を出すなどして、
公的支援も積極的に行っている。

しかし、実際に女性雇用を促進していく為には、企業での取り組みが重要となってくる。

大手宅配業者の取り組み

主婦層を中心とした雇用促進

体力が必要とされることで男性の仕事というイメージが強いが、
こちらの企業では、積極的に女性を雇用する事を決め2016年までに宅配業務で主婦1万人を採用すると発表した。
子育て中の主婦を中心に家事の合間でこなせるよう、勤務地は自宅近隣付近で、書籍や家電、衣類や化粧品など様々だが、
小さくて軽い荷物をトラックではなく自転車や台車、徒歩などで配達するという仕組みを作り、
力仕事が苦手な女性でも運びやすく働きやすい環境の整備を行いっている。

現状、男性が行っている業務でも上記のように
女性が行える業務を探し、その一部を女性に任せるという工夫をするだけでも
女性雇用の促進が期待できるのではないだろうか。

これからは企業による「工夫」が、生産性をあげるポイントとなるのではないだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  2. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る