精神障害の労災認定について

精神障害の労災認定の基準

平成23年12月に厚生労働省は精神障害の労災認定の基準を公表した。

①認定基準の対象となる精神障害を発病していること
②認定基準の対象となる精神障害の発病前おおむね6か月の間に、業務による強い心理的負荷が認められること
③業務以外の心理的負荷や個体側要因により発病したとは認められないこと
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/rousaihoken04/dl/120427.pdf

 

労働基準監督署からの確認

労災認定された場合、事業主側は労働基準監督署に「労働者死傷病報告」を行わなければならない。(就業中又は事業場内等における負傷等により死亡し、又は休業した場合等)

また、長時間労働に従事することが精神障害発病の原因となり得るため、その際に強い心理的負荷があるかどうかも評価される。

こうなると長時間労働が発生した際に医師の面談を受けさせているかどうかを労働基準監督署に確認される可能性がある。
受けさせていない場合はさらなる『是正勧告・指導』の対象となるため、あらかじめ産業医の導入や面談を実施しておく必要がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

杉井 将紘株式会社ドクタートラスト 常務取締役

投稿者プロフィール

IT企業に長年従事。その際の労働環境が整備されておらず、訴えても変わらない状況から健康管理会社のドクタートラストへ転職を決意。
畑違いの業界に戸惑いつつも、ITの力を駆使して産業保健業界に一石を投じるべく日々奮闘。
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  2. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  3. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る