パートタイム労働法の改正

厚生労働省により、2014年4月23日に改パートタイム労働法が公布

※パートタイム労働法……「1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者(正社員)の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者」を対象とした法律

今回の、パートタイム労働法の改正ポイント
正社員との差別的待遇が禁止されるパートタイム労働者の対象範囲を拡大。
これまでは「職務内容」と「人材活用の仕組み(人事異動の有無や範囲)」が正社員と同じであり、かつ「無期労働契約」を締結しているパート労働者を対象としていた。
これが改正法によって職務内容と人材活用が同じであれば「有期労働契約」のパートタイム労働者も対象範囲となり、差別的待遇が禁じられることとなった。

「パートタイム労働者の待遇の原則」が新たに設立された。
これは、事業主がパートタイム労働者と正社員の待遇に差をつける場合は、職務内容や人材活用の仕組み、その他の事情に照らして、不合理であってはならないということである。

パートタイム労働者を雇う際の事業主の説明義務の新設。
「賃金体制」「教育訓練や福利厚生施設の利用機会の有無」「正社員転換推進措置」などが具体的な説明事項に挙げられる。

また、今回の法改正に伴い厚生労働省では、説明を求めたパートタイム労働者への解雇や不利益な取り扱いを禁じるなど様々な対応を、省令や指針等で行う、と強気な姿勢をとっているようである。

介護、育児などを要因にフルタイムでは働きにくい人々にとって働きやすいパートタイム、という多様な働き方が今後さらに世間に推奨されていくことを期待したい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

田野優人株式会社ドクタートラスト 産業カウンセラー

投稿者プロフィール

日本の働き方、メンタルヘルスのあり方に不信感を抱き、大学では社会学を専攻。卒業後、健康経営のコンサルタントの道を進むべくドクタートラストへ入社。今まで延べ500社以上の企業へ訪問し、産業保健体制の実態を目の当たりにしてきました。また、産業カウンセラーとしても日々、悩みを抱える方々との面談を行っています。
【保有資格】産業カウンセラー
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  2. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  3. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る