ダイバーシティー経営

ダイバーシティー経営

現在、企業活動においてダイバーシティー経営が注目され始めているのはご存じだろうか。
経済産業省は、ダイバーシティー経営を下記ように定義している。
「多様な人材を活かし、その能力が最大限発揮できる機会を提供することで、
イノベーションを生み出し、価値創造につなげている経営」

「適材適所」を大切にし、いきいきと働くことのできる環境をつくることで
個人の生産性があがることが予想される。
これからの日本企業が競争力を高めていくためには、有効な戦略と考えられる。

では、なぜ現在ダイバーシティーが注目を浴びているのか。
その背景には、現在の経営に対する変化が必要とされている事が考えられる。

ダイバーシティー経営の必要性

経営の国際化により日本とは異なる社会文化環境の下で事業活動を展開企業が多い中で、
多様な人材、あるいはグローバルに活躍出来る人材を育成していく事で組織の活力や創造性を高め経営していく事が必要不可欠である。
その中でも、最近話題の女性の雇用の促進にはダイバーシティー経営は重要な位置づけとしている。

<女性雇用促進>
男女雇用機会均等法が施行されてから長い年月が経過し、
女性の活躍の場が広がりつつあるが、世界的に見ると日本の女性雇用は遅れていて、
労働市場全体で見ると、他のOECD諸国(経済協力開発機構)と比較して
日本の女性の就業率は下位にあることが分かる。

ダイバーシティ経営企業100選

経済産業省は、企業価値向上を果たした企業を
平成24年度から数年程度かけて、累積で約100社を表彰する予定である。

優れたダイバーシティ経営企業として選定・表彰された企業については、
ベストプラクティス集として取組内容を広く紹介され、る。
平成24年・25年度の「ダイバーシティ経営企業100選」ベストプラクティス集は、
こちらをご覧ください。経済産業省ダイバーシティ経営企業100選

ダイバーシティー経営が浸透していくことは、
優秀な人材の確保や育成、女性雇用促進にもつながり、企業の更なる成長へと貢献ができる。
また、働く側も活躍する舞台が広がり、より充実して働く事が可能となる為、
結果として「適材適所」で働ける人が増えるのではないだろうか。

このように、企業と働き手の双方にとってメリットがあるダイバーシティー経営を
是非一度検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  2. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  3. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る