仕事中や通勤中のケガはどうしたらいい?

4月は新入社員や転職などで、新しい環境でスタートを迎える方がたくさんいらっしゃいます。新しい環境でのスタートということで、色々不安を抱えていることでしょう。

そこで今回は、少しでも不安を取り除いていただくために、誰にでも起こりうる「仕事中や通勤中のケガ」の対処法をご紹介します。

通勤労災

まず、覚えていただきたいのは仕事中や通勤中のケガは、労働災害とされ健康保険ではなく、労働者災害補償保険(労災保険)を使います。
健康保険と労災保険のどちらかを選択して使用することは出来ず、必ず労災保険を使うことと法律で定められています(労働者災害補償保険法)
※労災保険は労働者のための制度です。仕事中または通勤途中のケガは、必ず労災保険の手続きを行って下さい。

しかし、労災保険のことを周知してる人がまだ少ない中でこの2つの質問が多く挙げられます。

Q1. 労災保険を使用すると勤務先に迷惑がかかるのでしょうか?

A. まず結論としては、労災保険を使用しても勤務先に迷惑はかかりません。通勤中のケガで労災保険を使用しても、保険料は上がらないので心配はいりません。

Q2. 軽いケガまたは自損事故だから労災保険は使わなくていいの?

A. 「仕事中または通勤途中のケガ」で、軽いケガの治療などであっても労災保険を使用します。
健康保険を使用するか労災保険を使用するかについて、ケガの程度、自損行為による交通事故、相手方のいる交通事故などの違いは関係ありません。

厚生労働省では「労災隠し」の排除にかかる対策を推進しており、「労災隠し」を行った会社に対しては司法処分を含めて厳正に対処しています。労災保険を使用すると迷惑をかけると思って健康保険を使用することが、かえって勤務先に迷惑をかけることもあります。たとえ勤務先が認めてくれなくても労災保険の請求はできますので最寄りの労働基準監督署にご相談ください。

詳しい情報はこちらからご覧ください
労働災害・労災保険の詳細→財団法人労災保険情報センター
労災隠し対策について→厚生労働省労災隠しについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  2. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る