過重労働について

過重労働に関する労基署の調査結果

昨年から今年にかけて、厚労省が、過労死・過労自殺など過重労働による健康障害を発生させた事業場に対し、調査を行った。

具体的な対象事業場は、不適切な労働時間管理・健康管理を原因として、過労死や過労自殺など過重労働による健康障害を発生させ、労働基準監督署長が労災認定を行った54事業場。(うち過労死 26 事業場、過労自殺 8 事業場)

そこで、法令違反をしていた企業の割合が、「87%」と高い数字で結果が判明。

シンプルに捉えると、
過労死や過労自殺がある現場 = 法令違反の可能性が高い
という相関関係が見えてきそうである。

ここで言う法令違反とは、
・健診を受けさせていない
・健康上問題のありそうな社員に対して産業医の面接指導を行っていない
・衛生委員会の未設置
等。

こちらがその厚労省調査の詳細。

過重労働問題で、使用者側が悪質だと認められた場合は、司法処分を行うというガイドラインが既に発表されているため、十分留意したい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

杉井 将紘株式会社ドクタートラスト 常務取締役

投稿者プロフィール

IT企業に長年従事。その際の労働環境が整備されておらず、訴えても変わらない状況から健康管理会社のドクタートラストへ転職を決意。
畑違いの業界に戸惑いつつも、ITの力を駆使して産業保健業界に一石を投じるべく日々奮闘。
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  2. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  3. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る