コレステロールは悪者?

「コレステロール」が与えるイメージ

テレビ、本、健康食品などで見かける「コレステロールを下げる○○」といったコピー。
そのイメージから、「コレステロールは体に良くないもの」、「不要なもの」という認識を持ちがちで、どうしても肥満・メタボ・動脈硬化といった、マイナスな言葉を連想してしまう。
過剰に摂取した場合は、血液中に余分な脂質が溶け血管が硬くボロボロになってしまうため、皆さんご存知の通り、動脈硬化を引き金としたさまざまな生活習慣病を引き起こす。
ところが私たちのからだの中では、実はあまり知られていない重要な働きを持っており、まさに生体になくてはならない存在となっているのだ。

コレステロールの大切な役割

1. 細胞膜を構成する

脳や筋肉を主として私たちの体内に広く分布し、細胞を構成する細胞膜の主要な材料となっている。
細胞膜は、外からの有害物質の侵入や中身の漏出を防ぐ丈夫な構造になっているが、コレステロールはこの丈夫な構造を作るために必要不可欠で、また細胞膜の柔軟性を保ち、安定させる役割ももっている。

2. ホルモンを作る

副腎皮質ホルモン、性ホルモン(男性ホルモン、女性ホルモン)の原料となる。
特に女性においては、コレステロールの低い低栄養状態ではホルモン合成が十分に行えないため、月経不順や、ホルモンバランスの乱れによる不調をきたしやすい。
排卵誘発剤や、ホルモン剤治療でもなかなか月経不順が改善しないという方は、まずは根底に「栄養状態の是正」が必要だということもあるため、見直していただきたい。

3. 消化吸収を助ける(胆汁酸)

脂肪の消化を助ける胆汁酸も、実はコレステロールが原料となっている。
胆汁酸を含む胆汁は、小腸で脂肪を乳化させ消化・吸収を助けたり、ビタミンの吸収を助けるほか、体内に入り込んだ薬品、毒素などの無機物質を体外へ排出する作用がある。

以上のことから、コレステロールは人間の体が正常に機能するため、なくてはならない物質ということがおわかりいただけただろうか。
ただし、過剰な摂取により高コレステロール状態になると、先ほどもお話ししたような生活習慣病のリスクがあることを忘れずに。
胆汁酸の材料となるコレステロールでも、その量が過剰になれば、胆石ができる原因ともなる。
体内に必要なのは一定量であること、またコレステロールの働きを知り、今後の健康維持・管理にお役立ていただきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  2. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  3. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る