季節の変わり目の体調不良「気象病」

「一雨ごとに寒くなる」という人もいるように、少しずつ肌寒い季節になってきました。
梅雨ほどではないが、秋は天気が変わりやすく、雨がよく降るし、台風も発生しやすい季節です。
雨というと、「靴が濡れてしまい不快」「髪の毛がまとまらない」など、身の回りのことに気を使わなければならないことが増え、厄介であるほかに、「憂鬱になる」「頭痛がする」「古い傷がうずく」といった身体の不調を感じることもあります。
これらは、本当に天気に影響があるのでしょうか?

気象病

日本には四季があり、暖かくなったり寒くなったりする季節の変化に合わせて、一般的に人の体には、季節や天気の変化に合わせて調整する機能が備わっています。
しかし、その調整能力が不充分な場合には、いろいろな心身の変化が起こり、病気にまで進行してしまうこともあるのです。
気候の変化によって、発生したり、その症状が悪化したりするようなものを「気象病」と呼びます。

気圧と体調の関係

もともと雨が降る時には、低気圧の影響で、気圧が下がります。
この気圧が下がることによって、体の中の水分の循環が悪くなることから、「体のむくみ」「古傷の痛み、うずき」などが引き起こされるのです。
また、脳では、脳血管が膨張してしまい、神経を圧迫することから、頭痛の原因になるともいわれています。
このように、天気の変化によって引き起こされるといわれる体の不調は説明がつきます。
そのほか、帯状高気圧の日や気温が7、8度低下する日にも、同様な体調の変化が起こりやすいとされています。
秋は、台風シーズンでもあり、さらに気圧の変動が大きく、体調の変化や気象病が起こりやすいのです。

四季とうまく付き合う

日本は四季のある恵まれた国ですが、その分変わりやすい天気とうまく付き合っていくことも求められます。
これからの季節、1日の気温差も大きくなり、全体的にも気温が低い季節になります。
気圧が体に及ぼす影響と同じ理由で、気温が下がることで体は冷えやすくなり、体内の血液の循環が悪くなってしまいます。
それらが、気象病につながっていくのです。
うまく付き合うために、気温の変化に合わせて衣服を調節したり、日頃から温める習慣を持てると、効果的です。
入浴をシャワーで済ませず、湯船につかるようにしたり、足湯なども効果が期待できるでしょう。
そのほか、正常な体温調節を維持できることも大切なので、ストレスや睡眠不足、乱れた生活リズムを改善していけると、さらに良いと思います。

秋に限らず、季節の変わり目にはこういったことに気をつけてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る