労災を繰り返す企業の名称を公表へ

労災認定公表制度

厚生労働省が今国会に提出している法案の1つに、労働安全衛生法の一部を改正する法律案があります。
当ページでも今回の法案の大きな柱として、ストレスチェック制度の創設をご紹介しました。
本法案には、その他の柱として、悪質な企業の名前を公表する制度もあります。
厚生労働省は、社員の健康管理が不十分であるにもかかわらず、一切対策を取らずに、重大な労災を繰り返す企業に対して改善を指示するしくみを創設する旨の法案を提出しました。
改善指示に従わない場合は、企業名の公表という手段もとる見込み。
労災を一度起こしてしまった企業は、再発がないように、十分な対策を行わなければなりません。
もし、当然の対策を取ることもせず、重大な労災を繰り返す企業に対しては、これまで以上に厳しい処分が下される可能性が多分にあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  2. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  3. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る