本当は怖い! 足の裏のほくろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さんは足の裏をきちんとみたことがありますか?
もしかしたら、足の裏にほくろがあるかもしれません。
テレビでも取り上げられていることから、足の裏にほくろを見つけた人のなかには、「悪いものでは……?」と心配している人もいることでしょう。
今回は、この「足の裏のほくろ」に迫ってみようと思います。

Q.なぜ、足の裏のほくろがいけないのですか?

A.ごく一部ではありますが、この「足の裏のほくろ」のなかには、ただのほくろでなく皮膚癌の一種「悪性黒色腫:メラノーマ」が隠れている可能性があるからです。

チェックしてみよう

皆さん、足の裏のほくろ・黒いしみを見てみてください。

1. 足の裏のしみ・ほくろの形が左右対称性でない
2. 足の裏のしみ・ほくろのまわりがギザギザしていて、境界が不明瞭
3. 足の裏のしみ・ほくろの色が均一でなく、濃淡が混じっている
4. 足の裏のしみ・ほくろの直径が6mm以上ある
5. 足の裏のしみ・ほくろが生まれつきのものでなく、急速に大きくなっている

足の裏のほくろ・しみが上記の基準にあてはまり、気になる場合は皮膚科の専門医を受診することをおすすめします。
近年では、「ダーモスコピー」という皮膚の下の色素沈着を外から診断できる特殊な顕微鏡も開発されています。
ダーモスコピーでほくろの色素沈着パターンを見ることで、飛躍的に診断精度が上がっています。
ちなみに悪性黒色腫の場合、ダーモスコピーで観察すると皮丘側(皮溝と皮溝の間)に色素沈着がみられます。

悪性黒色腫とは?

悪性黒色腫とは、非常に悪性度が高い皮膚癌の一種です。
発生部位は、足の裏が多く、体幹、顔、爪などにみられます。

治療法

1. 手術による切除。
2. リンパ節の転移に対して、その領域のリンパ節を全部切除するリンパ節廓清術を行う。
3. 化学療法・放射線療法・免疫療法を組み合わせた複合的な治療。
※ 悪性黒色腫の怖いところは、早期から転移(全身)がしやすく、致死率が高い。

悪性黒色種は早期発見・早期治療がとても大切です。
ただ、悪性黒色腫の率は1万分の1ぐらい割合で、決して多くはありません。
パニックにならずに足の裏のほくろ・しみを観察してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  2. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  3. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る