産業保健新聞の創刊にあたって

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ごあいさつ

弊社は、「企業で働く人たち」のための健康管理会社です。
毎月、企業に「産業医」や「保健師」が訪問し、健康相談や過重労働者面談、休職・復職判定など労働安全衛生法に定められた業務を行っています。

私たちの目的は、「働かせ方、職場環境などが原因となる病気や事故を無くし、元気で健康な社員を増やすこと」です。

弊社はおかげさまで創立10周年を迎え、産業医の契約企業数は900社を超えました。契約企業の多くは、上場企業グループや官公庁などが中心ですが、最近では、50〜100名規模の契約企業が増え、産業保健分野の裾野の広がりを実感しています。

人事部門のご担当者様の多くは、労働安全衛生法などの法律を遵守し、労働者の健康と安全を守ることに積極的です。しかし、メンタル対策については、不調者の事後フォローなどの社内ルールの確立、就業規則の改正などの整備が進みましたが、発症させないための抜本的な対策、つまり「働かせ方を見直すこと」や「労働時間の短縮」などについては、未だに後手に回っている印象を受けます。

メンタル詐病者を少なくする手段として、就業規則上の「休職可能な期間」を1年半から3か月などのように短縮した企業が増えました。このため、詐病者、新型うつ病などの軽症者は減少傾向となりましたが、その代わりに重症者や復職を断念せざるを得ない退職者の増加が目立っています。

社内でメンタル不調者の発生ゼロを目指すためには、毎月開催義務がある”労使の代表者が同数”にて議論をする「安全・衛生委員会」にて、社員の働かせ方に問題点や改善出来ることが無いか、情報収集・調査・分析し、労働時間の短縮や職場環境の見直しなど「具体的な改善策」を模索しながら、地道に実行していくことが必要です。

はたらく人は、企業でもっとも重要な財産です。心も体も健康で、元気に輝く社員を増やしていくことは決して難しいことではありません。経営者の考え方ひとつで、労働環境は簡単に変えることができます。

毎日2記事づつ更新します

産業保健新聞は、弊社の社員が5年前の2009年から仕事の合間に書き始めたブログ(アメブロ)をベースに、今回社員全員で文体などを見直して、ジャンルを整理し、より読みやすく構成し直したものです。創刊日(本日)現在で約1000記事のボリュームがあります。

このサイトは、

  • 最新の通達などを含む「労働安全衛生法」関連の情報
  • 健康的に生活していくための知識や疾病に関する情報

の2本立てで構成されています。

弊社の保健師と労働安全衛生に関する専門家が中心となり、毎日、2記事づつ更新していきます。

将来、たくさんの読者の皆さんが増えることを楽しみに想いながら、日々よい情報をご提供できるよう、精進していきます。

企業の経営者・管理職の皆様、健康管理室や保健室で働く「産業医」「保健師・看護師」「衛生管理者」の皆様からのご質問・ご相談につきましてはお気軽にお電話・メールにてお問い合わせ下さい。

読者の皆様には、稚拙な文章・謝った情報等で、ご迷惑をお掛けすることもございますが、暖かくご指導を頂きたく、また良い記事があればSNSなどにて拡散して頂きたく、気楽にお付き合い下さいますよう心からお願い申し上げます。

平成26年7月1日

株式会社ドクタートラスト
代表取締役 高橋 雅彦
TEL 03-3466-7200 (代)
http://doctor-trust.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
高橋 雅彦

高橋 雅彦株式会社ドクタートラスト 代表取締役社長

投稿者プロフィール

1964年生まれ(50歳)1988年早大理工卒後、日本債券信用銀行(現あおぞら銀行)に入行。病院専門の融資課長などを経験し、2004年同行退社。2004年「医療」と「企業」を結ぶことを目的に「株式会社ドクタートラスト」を設立、社長就任。現在10期目。趣味は休日のパンづくり。 会社がある渋谷区松濤町会の理事を兼任。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 産業医選任の届出には何が必要?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る