知っていますか?!この規則

意外と知られていないちょっと面白い「労働安全衛生規則」についてご紹介します。

6か月に1度は大掃除

労働安全衛生規則
(清掃等の実施)
第619条 事業者は、次の各号に掲げる措置を講じなければならない。
一 日常行う清掃のほか、大掃除を、6月以内ごとに1回、定期に、統一的に行うこと。

年末に大掃除を行っている企業は多いかと思いますが、この労働安全規則によると、年末だけではなく半年に1回必要ということです。
大掃除が法令で定められているのは驚きですね。

塩および飲料水の備え

労働安全衛生規則
(発汗作業に関する措置)
第617条 事業者は、多量の発汗を伴う作業場においては、労働者に与えるために、塩及び飲料水を備えなければならない。

飲料水を備えている作業場は多いと思いますが、”塩”を備えてる作業場はどれくらいあるのでしょうか。

お手洗いの個数

労働安全衛生規則
(便所)
第628条 事業者は、次に定めるところにより便所を設けなければならない。ただし、坑内等特殊な作業場でこれによることができないやむを得ない事由がある場合で、適当な数の便所又は便器を備えたときは、この限りでない。
一 男性用と女性用に区別すること。
二 男性用大便所の便房の数は、同時に就業する男性労働者60人以内ごとに1個以上とすること。
三 男性用小便所の箇所数は、同時に就業する男性労働者30人以内ごとに1個以上とすること。
四 女性用便所の便房の数は、同時に就業する女性労働者20人以内ごとに1個以上とすること。
五 便池は、汚物が土中に浸透しない構造とすること。
六 流出する清浄な水を十分に供給する手洗い設備を設けること。

お手洗いの数も細かく法律で定められています。
上記をまとめると、下記の数が必要となってきますね。

男性:60人あたり 大1個以上、小2個以上
女性:20人あたり 大1個以上

こうやって細かく規則をみてみると、意外と知らなかったことや、細かいところまで規則があり、とても親切に記載されていることが感じられますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  3. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る