休職期間1年間の診断書?

休職期間について

「従業員より、主治医からの『休職期間1年間を必要とする』という診断書の提出があったのだけど」

先日、とある企業様より、お問合せをいただきました。
担当者の方としては、診断書に病状の詳細や、投薬の状況などの記載もなく、この休職期間が妥当なのか、疑問に思われたご様子でした。
以前、休職期間に関して、厚生労働省の手引き作成にも参加されている産業医の先生にお話を伺ったところ、「休職期間1年間は長すぎる」とのことで、先生の回答は、以下の通りでした。

・休職期間は2か月程度とし、状況に合わせ、必要であれば都度延長していくというのが一般的である。
・休職中といえども、企業には従業員の管理責任があり、原則として、職場と労働者・家族との定期的な接触が望ましい。
・接触の頻度としては、病状にもよるが、1~2か月に一度程度

以上、ご参考ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】休職者、在宅勤務者を手厚く支援する「アンリケアサービス」とは?

  2. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  3. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

一目置かれる健康知識

  1. 他人ごとだと思っていませんか?若年性認知症
ページ上部へ戻る