ブラック企業と言われないために

先日第3回ブラック企業大賞の発表があった。

ブラック企業大賞

①労働法やその他の法令に抵触し、
またはその可能性があるグレーゾーンな条件での労働を、
意図的・恣意的に従業員に強いている企業
②パワーハラスメントなどの暴力的強制を常套手段として
従業員に強いる体質を持つ企業や法人
(学校法人、社会福祉法人、官公庁や公営企業、医療機関なども含む)

という定義のもと、ノミネートする企業を選んでいるようだ。

(公式HP こちら

毎回ノミネート企業に対し招待状を送っているが反応はないとのこと。
不名誉な結果を重く受け止め改善に励もうとする企業はどれほどいるだろうか。

企業がすべきこと

ブラック企業問題が大きく取り上げられるようになった社会で、
企業も労働環境を是正する策を練っていかなければいけない。

産業医の面談やストレスチェックなどを利用し、
問題が起きる前に社員をケアしていく必要がある。

労基署のチェックポイント→こちら
労働安全衛生法改正について→こちら
ストレスチェックについて→こちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冨田さゆり株式会社ドクタートラスト 産業カウンセラー

投稿者プロフィール

ドクタートラストに入社して6年目、多くの民間企業・官公庁の健康管理に関わってきました。産業カウンセラーの資格を取得し、専門知識を深める日々です。対企業、対従業員、健康に働くためのアプローチは多種多様。各々の特性に合わせたアドバイスを心掛けています!
【保有資格】産業カウンセラー
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】2022年6月施行「改正公益通報者保護法」を専門家がわかりやすく解説!退職者や役員も保護対象になる⁉

  2. 【動画あり】休職者、在宅勤務者をサポート「アンリケアサービス」~その魅力と導入の流れ~

  3. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る