職場復帰支援プログラム

従業員が心の健康問題で休職してから、復職をするためには、
本人の努力とともに、会社など周囲のサポートが必要となる。
職場の復帰支援は、要休業の診断が出てから、
休業中・復帰前の調整・復職後のフォローアップにいたる、一連のプロセスにおいて行う。

プロセスの詳細

<第1ステップ>
病気休業開始及び休業中のケア
→病気休暇届・診断書提出

<第2ステップ>
主治医による職場復帰可能の診断
→産業医面談、リワークプログラム受講、主治医との情報交換、連携

<第3ステップ>
職場復帰の可否の判断及び職場復帰支援プランの作成
→上司・人事・産業医面談

<第4ステップ>
最終的な職場復帰の決定

<第5ステップ>
職場復帰後のフォローアップ

このプロセスを円滑に行うためには、流れを明確化にしておき、社内規定等の体制を十分に整える必要がある。
そのために、衛生委員会等で審議し、産業医等の意見を聞いたうえで、それぞれの事業場に即した、職場復帰支援プログラムを策定する必要がある。

職場復帰支援プログラム

この職場復帰支援プログラムは、労働者や、産業保健関係者等に周知し、
十分な教育研修を行わなければならない。
また、上司は自分の役割と、必要な支援手順を把握しておく必要がある。

復職の判定は、会社にとっては難しく、主治医の了承を得て復帰しても、また休みがちになることも少なくない。
そのため、復職の判断は、会社内の状態を把握している産業医に行ってもらうことが重要だ。

元々の作業に復帰出来ない場合は、配置の転換を行うことや、復職者に配慮した勤務形態を提案する。
気をつけるべきポイントは、心の健康問題について、偏見や誤解をもって接しないことだ。

まずは本人と話を聞き、上司や産業医の意見を聞いたうえで、会社の規定に則った判断を行わなければならない。

復職を目指すためには、休業を開始した時点からの、全社一体となった丁寧な対応が求められる。
そのためにも、職場復帰支援プログラムを策定するなどし、万が一のために備えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】「コロナかも」従業員が激増!会社はどう対応する?~コロナが疑われる従業員、休ませた場合の手当は会社が支払うべき?~

  2. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  3. 【動画あり】オミクロン株を正しく知ろう!~重症化しないって本当?マスクは意味ない?~

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る