防災の日

本日、9月1日は何の日かご存知ですか?
毎年9月1日は防災の日です。

防災の日の由来

防災の日がなぜ9月1日かというと、多くの被害を出した関東大震災が起こった日であるからです。
関東大震災の死傷者は10万5,000人と言われており、現在のような建設技術やライフラインの安全性が確保されていなかったために、倒壊した建物と広がる火災で街は絶望的な被害状況だったようです。
また都心部での地震ということで、全国的にも経済等で大混乱が起きました。
こういった被害を二度と出さないようにと、防災の日は制定されたのです。

防災週間

防災週間とは、「防災の日」を含めた1週間を防災のための期間とする運動期間のことです。
2014年度は8月30日(土)から9月5日(金)が防災週間として定められています。
防災週間では、人口が密集しやすい場所(学校や公園)や、ライフラインを管理する企業などが防災訓練を行います。
ご存知のとおり、日本は他国にくらべて自然災害が起きやすい国であり、いつ大災害が起こってもおかしくはありません。
今日の防災の日をキッカケにし、職場や家庭で非常時の備えを見直してみましょう。

防災に関する情報に関する参考ページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  2. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  3. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る