リスクアセスメント

労働災害が後を絶たない中で、事業者は従業者の安全を確保しなければなりません。
そこで、本日はリスクアセスメントについてお話します。

リスクアセスメントとは

リスクアセスメントとは、職場の潜在的な危険性または有害性を見つけ出し、その結果に基づき事業者が適切な労働災害防止対策を講じることです
労働安全衛生法第28条の2により、「危険性又は有害性等の調査及びその結果に基づく措置」として、製造業や建設業等の事業場の事業者は、リスクアセスメントおよびその結果に基づく措置の実施に取り組むことが努力義務とされ、具体的な進め方が厚生労働省から「危険性又は有害性等の調査等に関する指針」として公表されています。

なぜリスクアセスメントが必要なのか?

リスクアセスメントが必要な理由は以下のとおりです。

1.労働災害が発生していない職場であっても潜在的な危険や有害性は存在し、これが放置されると、労働災害が発生する可能性となる。
2.現代の技術の進化により、多種多様な機械設備や化学物質等が生産現場で用いられるようになり、その危険性や有害性が多様化してきている。

これからの安全衛生対策は、自主的に職場の潜在的な危険性や有害性を見つけ出し、事前に的確な対策を講ずるが重要となります。
従業者の安全を確保するためにも、事業者の皆様には、いま一度リスクアセスメントを徹底することを心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  2. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る