ニキビが示す体調のサイン

季節の変わり目の秋というのは、体調を崩しやすい時期です。
体の症状だけではなく、皮膚(肌も含む)が荒れやすかったり、髪の毛も傷みやすくなったりと、さまざまな変化に気付くことが増える時期でもあります。
なかでも、皮膚の変化には敏感になる人が多いでしょう。
もともと、皮膚や爪は、健康状態を知ることができる重要な身体の一部。
この時期は、日焼けの影響で皮膚が疲れていたり、秋から冬に向けて乾燥しやすくなるなどの変化がみられます。
皮膚のお悩みでも特に気になるものに「ニキビ」があります。
実はニキビのできている場所によって、どこの不調があるかがわかるというのです。

ニキビとは?

ニキビの医学的名称は、「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」といい、れっきとした皮膚疾患です。
ニキビができる原因には、皮脂・細菌・ホルモンバランスの3つがあります。
細菌感染やホルモンのバランスが崩れることで皮脂の分泌が増え、その皮脂を分泌する毛穴が詰まることがきっかけとなり、炎症が起きます。
年代、性別、環境、職業、治療などといった変えられない条件以外に、自分でコントロールできるものとして、生活習慣があります。
つまり、ニキビの根本的原因を解決しようというものです。

どこの健康不良か?

ニキビができる場所ごとの原因は、以下のようにわけられます。

●頬(上の方)……生理不順、副腎機能の低下
●ほっぺ……甘いものや脂肪を含むものの摂り過ぎ、便秘
●額……睡眠不足
●髪の毛の生え際……ホルモンバランスの乱れそのもの
●こめかみ……ストレス
●鼻……ストレス、睡眠不足、疲労
●鼻の下……内臓系の不調
●口の周り……胃腸系の不調、ビタミンB群の不足
●あご……腸の機能の乱れ、貧血、カルシウムの不足

やはり生活習慣

上記の原因の多くに共通しているのは、「食べ物・ストレス・睡眠」の生活習慣です。
ニキビは、特に容姿上の変化に対し、気にかけることが多いが、いわゆる生活習慣病と原因は同じ。
生活習慣を改め、容姿的な外も、内臓などの中も、健康を維持できたら素敵だと思いませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  3. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る