第三次産業の労働災害事例

労働災害のうち、4日以上仕事を休まなければならない災害は、年間12万件近くある。(厚生労働省調べ)

このうち、4割以上の災害は、小売業・社会福祉施設・飲食店などの『第三次産業』で発生し、
主な労働災害の原因は以下の通りだ。
「転倒」
「急な動き・無理な動き」
「墜落・転落」
「交通事故(道路)」

労働災害全体の約7割が上記原因で起きている。

災害の事例

★転倒★
・倉庫に電気をつけずに入ったとき、放置された台車に足がひっかかり転倒(62歳、休業1か月)

・介護施設内を歩いていたとき、電源コードが足にひっかかり、転倒(63歳、休業2か月)

・キッチンを歩いていたとき、マットが滑り、転倒(43歳、休業2か月)

★急な動き・無理な動き★
・棚から重い荷物を下ろすとき、背伸びして無理な体勢で受け止めて、腰をひねった。(34歳、休業3か月)

・トイレ介助で、利用者を持ち上げたら、腰を痛めた。(36歳、休業1か月)

・フライヤーの油交換作業の為、油の入った一斗缶を持ち上げたところ、腰を痛めた。(54歳、休業2か月)

★墜落・転落★
・脚立に乗り電球を交換中、バランスを崩し、脚立から落下した。(32歳、休業1か月)

・テーブルに乗り、飾りつけをしていたとき、バランスを崩し、転落した。(66歳、休業2か月)

・商品を運ぶ作業をしていたときに、階段で足を滑らせ、転落した。(18歳、休業3週間)

★その他★
・鍋の湯を捨てようとしたとき、手が滑って鍋を落としてしまい、長くつの中に湯が入ってやけどをした。(19歳、休業3か月)

・スイングドアを通るとき、慌てて台車を引いたため、台車に足をぶつけた。(47歳、休業1か月)

・まな板を拭いていたとき、まな板に放置していた刃物で手を切った(19歳、休業1か月)

労働災害を防ぐための安全活動

上記事例でも分かる通り、「うっかり」、ちょっとした「不注意」などの原因による災害が多く、従業員全員で安全活動を取り組むことで防ぐことは可能である。

~『安全活動』の取り組みについて~

1.『職場に潜んでいる危険』を見つける
2.『危険な箇所』を知らせる
3.『脚立や台車』などの使い方を学ぶ

これらの『安全活動』は経営者や責任者の責務であり、労働災害の原因を放置することは、
・『作業の効率』
・『お客様に対してのサービスの質』
を下げ、仕事を休む人が出れば、急な交代・シフトの調整をしなければならなくなり、他の従業員への負担も大きくなる。

まずは、『安全活動』について職場の衛生委員会等で話し合い、誰もが注意できる環境を整える事をお薦めしたい。

次回は安全活動内容についてお伝えする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  2. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る