• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

テクノストレスとは、コンピュータを扱うことが原因で起きる精神的な失調症状の総称で、コンピュータに適応できないために生じるテクノ不安症と、過剰に適応したために生じるテクノ依存症の2種類があります。

テクノ不安症

コンピュータの普及により、ほとんどの仕事で事務処理や、社内連絡などがコンピューター化され、ワープロでの文書作成が必須となり、これまで、コンピュータとは無縁だった人が、コンピューターに向かう機会が圧倒的に増えました。

テクノ不安症とは、コンピュータを使わなければならなくなったとき、コンピュータは難しい、怖い、という意識に追いつめられてしまうというもので、コンピューターを避けるようになり、過度のストレスによって、いらいらしたり、強い絶望感を抱いたりすることです。

中高年のサラリーマンが、コンピューターに対応できず苦戦する話も聞きます。
なかには、社内のコンピューター化に対応できず、退職する社員もいるようです。

一方、若手社員のもコンピューターに対応できない人がいます。
彼らは、インターネットへのアクセスやSNSといった、情報収集・発信能力には優れていても、経理システムや統計作業、資料作成などには苦手を持ってしまうのです。

テクノ不安に対する対処法

・ コンピュータ自体に対する不安

まずはパソコンを使って自分の好きなこと(芸能人、スポーツ、趣味)を調べるなど、楽しいことと並行してやることで、苦手意識がなくなります。

・ 仕事に必要なスキルに対する不安

参考となる本を読んでやってみる、得意な人や経験者に教えてもらうなど、積極的に学習していきましょう。

テクノ依存症

テクノ依存症は、コンピュータに没頭しすぎることで現れる失調症状で、コンピュータがないと不安に感じたり、人とのコミュニケーションに障害が出ることです。
ゲームやインターネットに依存する人が多く、ゲームやインターネット内の社会と、現実との住み分けができなくなり、実社会の生活に支障をきたしたり、正常な対人関係を結べなくなったりする問題が社会化しています。

テクノ依存による問題例(職場内の場合)

  •  メールでは、業務上の問題を相談したり、自分の意見を述べることが出来るのに、口頭ではうまく説明することができない
  •  急を要する業務連絡までメールで伝えてしまうため、迅速な対応ができなくなる
  •  深夜までゲームやインターネットに熱中し、仕事中に居眠りをしたり、集中力がなくなったりする
  •  自分の世界があり、邪魔されるのが我慢できなくなるため、他の仕事を振られるとキレる
  •  インターネットなどで知識を得るため、周囲の人を見下した対応が多くなる

テクノ依存症の予防法

インターネットの世界での交流だけでなく、周囲の人間との直接のコミュニケーションを大切にし、思いやりや優しさを持ちましょう。

ときにはメールより電話を

コンピュータは便利なものですが、自分は「何をするために」デジタル環境とつきあっているのかを確認する必要があります。
コンピューターを使うことで、仕事の効率を上げる可能性は秘めていますが、一方で、人の感情や状況を判断することはできません。

自分の考え方をしっかり持ち、電話を1本かけたほうが効率的な時は、メールではなく電話をかけるなど、メールやインターネットに固執しないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 衛生管理者は週1回、職場を巡視しましょう

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る