サングラスの選び方

ファッションの一部として、アクセサリー感覚で身につける方も多いサングラス。
特にこの時期は、目から入る紫外線をカットすることで、メラニン色素の生成が抑えられ、
結果全身への紫外線の影響を和らげてくれるため貴重なアイテムとなる。

紫外線が目に与える影響

長時間強い紫外線を浴びると、白内障や黄斑変性症、角膜障害など、肌への影響と同様目にもさまざまな病気を引き起こす。
また、皆さまご存知の通り、紫外線によってダメージを受けた目の細胞から、「メラニンを作れ」と脳に信号が送られるため、
肌に直接紫外線を受けなくても肌が黒くなってしまうのだ。
そのため、日焼け止めや帽子、日傘などでいくらUVケアをしていても、目が無防備なままではその効果は半減してしまうというわけだ。

 サングラスの選び方

「色が濃いほど紫外線をカットしてくれる」
と勘違いすることが多いようだが、紫外線カットの性能とレンズの色は、はたして関係があるのだろうか。

答えはノーである。

紫外線カットのサングラスには、「紫外線透過率」が数字で表示されている。
これは、そのレンズがどれだけ紫外線を透過するかを示す数字であるため、数値が低いほどレンズの性能が優れていることを示す。
例えば、「紫外線透過率1.0%以下」と表示があるものは、紫外線を99%以上カットすることができる、ということだ。

なお、これとは別に「紫外線カット率」を表記しているサングラスもあるが、こちらは逆に、数値が高い程性能の良いレンズとなるため注意してほしい。
透過率、カット率ともに、どの程度屋外にいるのか、また使用する目的など、ライフスタイルによっても選択に幅が出るため、
お店で購入する際には目的・予算を相談の上、選んでみるとよい。

ほか、透過性とあわせて気にしていただきたいのが、サングラスの「脇から入る紫外線」だ。
一緒に日傘を使用しない限りは、サングラスの上下左右の隙間からも、容赦なく紫外線は侵入してくる。
そこで、なるべく脇の隙間が少なくなるようなカーブ(デザイン)のものを選んでほしい。
顔の側面までカーブして覆われているものや、サイドがやや幅広になっているなどだ。

スポーツや登山、アウトドアでのレジャー、畑仕事など、日中の大半を強い紫外線下で過ごす際には、
上記のポイントを参考に、肌のUV対策とあわせてしっかり着用していただきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  2. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  3. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る