職場にひそむ危険性や有害性等の危険要因を発見し、解決する能力を高める手法として、危険予知訓練があります。
危険予知訓練は、元々住友金属工業で開発されたもので、中央労働災害防止協会が職場の様々な問題を解決するための手法である問題解決4ラウンド法と結びつけられました。
その後、旧国鉄の伝統的な安全確認手法である、指差し呼称を組み合わせたK(危険)Y(予知)T(トレーニング)4ラウンド法としたものが標準とされています。

KYT4ラウンド法の4ラウンドとは

1R.どんな危険が潜んでいるか

イラストシートの状況の中にひそむ危険を発見し、危険要因とその要因がひきおこす現象を想定して出し合い、チーム全員で共有します。
※チームの編成は、一人ひとりが意見を出しやすいように、5~6名が標準です。チームを編成した際には、リーダーと書記を1名ずつ選出します。

2R.これが危険のポイント

発見した危険のうち、これが重要だと思われる危険を把握して○印、さらにみんなの合意で絞り込み、◎印とアンダーラインをつけ、「危険のポイント」とし、指差し唱和で確認します。

3R.あなたならどうする

◎印をつけた危険のポイントを解決するにはどうしたらよいかを考え、具体的な対策案を出し合います。

4R.私達はこうする

対策の中からみんなの合意でしぼりこみ、※印をつけ「重点実施項目」とし、それを実践するための「チーム行動目標」を設定し、指差し唱和で確認します。
この訓練では、より危険なことは何かを考え合わねばなりません。

意識の共有と教育の実施

リーダーはチームのメンバーに、危険予知訓練は危険予知の能力を高め、労働災害を防止するために有効であることを説明し、メンバー全員の積極的な発言を引き出す必要があります。
KYT4ラウンド法を上手く活用することで、職場内の危険要因を見つけ出し、問題が起こる前に対策を立てることができます。
しかし、ただ危険予知訓練を行うだけでは不十分です。
見つけ出した危険要因と対策は 労働者に周知を徹底し、労働者一人ひとりが実際にその行動を実施するよう、併せて教育を施すことも大切でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る