見込み残業違反1,343件。

昨年末、東京新聞による調査で
見込みの残業代をあらかじめ給与に盛り込む「固定残業代」を悪用した
サービス残業(残業代未払い)の違反が、
東京や愛知など十都道府県で計1,343件あったことが判明した。

固定残業代(定額残業代)とは

見込みの残業代をあらかじめ給与に盛り込んで支払う方法。
もちろん事業者は、見込みの残業時間を超えて働かせた場合、
超過分を支払わなければならない。
しかし、超過分をごまかす不当な運用が後を絶たない状況となっている。

また、労基署からサービス残業に関して指導を受けた事業所のうち、
併せて長時間労働も指導された事業所は3割にのぼり、
長時間残業を助長しかねない制度であるという点も問題視されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  2. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  3. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る