トイレから感染するノロウィルス

ノロウイルスは人間の小腸で増殖します。
そして嘔吐物として、もしくは糞便の中に混ざって排出されます。
企業内で一番ノロウイルスが排出される場所はどこになるでしょうか?
もちろん、言わずもがな「トイレ」ですね。
保有者が施設内のトイレで排便をした瞬間から、社内感染はスタートします。
また菌を保有しているにもかかわらず発症していないため、本人が感染に気づいていないというケースもあります。
そういった人が使用し、排泄を行ったトイレは十分な感染源となります。
では社内ではいったいどのような対策をとればよいのでしょうか?

手洗いの徹底(石けんでの2度洗い)

大便後の徹底した手洗い(石けんでの2度洗い、ペーパータオルでの拭き取りと、アルコール消毒)で、ほとんどの有害微生物はなくすことができます。
しかし、ノロウイルスは、人の腸内で大量に増殖するので、糞便中にたくさん排出され、手指に付着する可能性があります。
その上とても小さく、ごく少量で人に感染するので、糞便などから手に付いたウイルスを完全に取り除いて感染を防ぐのは困難を伴います。
ノロウィルスは石鹸では殺菌できません。
しかし石鹸で手をあらうと手の皮脂が剥がれ落ち、菌をはがしやすくなります。
最低限手洗いは徹底しましょう。

共有物には可能な限り触らない

電気のスイッチやドアノブ、鍵、便座、水洗レバーなどなど
特定多数の方が排便後に共有物に触れる可能性のあるもの。
まずは、この接触感染の経路を遮断するか減らすか、いずれかの対策が必要となります。
可能な限り触れないようにすることも大切です。

排泄後は蓋を閉める

排便後、水を流す時にエアロゾルという水の微粒子が舞い上がります。
もし、便の中にノロウイルスが含まれていたら、水を流したその瞬間、微粒子状になった水と共にトイレ内に拡散してしまいます。
個室の外に別の人が居てそれを吸うと、飛沫感染する可能性があります。
また飛沫した微粒子が乾燥すると今度は空気感染を誘発するおそれがあります。
飛沫感染の経路を遮断する簡単な方法は、便を流す前に蓋をすることです。
蓋をするだけでかなりの水の微粒子が拡散することを防げます。
自動で蓋が閉まって自動で水洗出来れば理想的です。
小さなことですが、徹底するように心がけることで、トイレでの二次感染を防ぐことができます。
まだまだ猛威を振るっているノロウィルス、最後まで気を抜かず、対策をしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る