ささみを美味しく食べる

肉の種類や部位によってカロリーが異なる

牛カルビと鶏のささみは同じ100グラムあたりでも以下のようにカロリーが異なります。

牛カルビ:517キロカロリー
鶏のささみ:105キロカロリー

約400キロカロリーも異なる。

食生活に積極的に取り入れたい所ですが、鶏のささみはパサパサする感じがある。
でも、揚げ物にすると、ヘルシーな肉をチョイスした意味がなくなってしまう。
頭では理解していても、実際は敬遠してしまうという声を面談でよく聞く。

鶏のささみを美味しく食べる工夫

① ゆで方を工夫する

水から茹でるのではなく、お湯から茹でる。
鍋に湯を沸かし、十分に沸騰したらささみを入れ、数十秒熱した後火を消して蓋をしてそのまま置いて、自然に冷めるのを待つ。
冷める頃には中まできちんと火が通り、しっとりと仕上がる。
肉厚のささみの場合は、半分に切るなどして調整する。
また、茹でる際に酒を少し加えると特有の臭みがやわらぎ、仕上がりも柔らかくなる。

② カレーに入れる

カレーと言えば牛肉を使う方が多いが、茹でたささみを割いてカレーに入れるのも良い。
カレーのスープに油分が含まれているため、パサつきが気にならない。
市販のカレールーは意外と油分を多く含んでいる。

③ 植物油を加える

割いたささみを野菜などとあえる際に、植物油を少し加える。
オリーブ油やごま油などは風味が良く、おすすめ。
ささみがオイルでコーティングされることにより、パサつきを感じにくくなる。

ヘルシーにお肉を楽しみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健師

投稿者プロフィール

看護師として病棟勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。企業の健康管理室に出向していた経験、また、現在訪問企業で実施している業務からヒントを得て、皆様が知りたいことをお届けしたいと思います。
【保有資格】看護師、保健師、第一種衛生管理者、養護教諭一種
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  2. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  3. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る