運動と食事のタイミング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

運動は健康増進には欠かせないものだ。
そして、運動の目的にはダイエット、糖代謝改善など様々あり、皆さんも運動を行う時には何かしらの目的をもって実施することが多いのではないだろうか。
ただやろうと思ったときに運動をする。それでもやらないよりは勿論よい。
しかし、どうせやるのであれば、効果を最大限発揮できる方法を知っておいた方がよいだろう。
今回は運動と食事のタイミングに着目してお話しさせていただきたい。
 

運動効率を上げるためには『食前』に炭水化物を

運動の効果を得るためには、エネルギーや栄養補給を行うことも大切である。
ただ、食事内容だけでなく「食事のタイミング」も重要になってくる。
どの種類の運動でも、最初にエネルギー源として使われるのは、炭水化物だ。炭水化物は体内で貯蔵される量が限られている。
ダイエット目的の場合、食事をあまり摂らない状態で運動する方もいるだろう。しかし、それではすぐにへばってしまい、動きが乱雑になってしまったり、長時間実施することが困難になったりする。また、低血糖や体調不良の原因にもなる。
運動する前の食事(1~2時間前)では、少し多めに炭水化物を摂取しておくとよいだろう。勿論、摂りすぎはしないように。

筋肉量を増やすためには『運動後』にタンパク質を

筋肉を使う運動の場合は、炭水化物の他にタンパク質の補給も重要だ。
運動後すばやく補給することで、筋肉の補修・強化に有効に使用され、筋肉量も増えやすくなる。その結果、代謝が上がり、痩せやすい身体になるという良い連鎖が生まれる。運動後の食事では、タンパク質量を増やすとよいだろう。
ただし、タンパク質を補給する際には、脂肪多い肉ではなく、脂肪の少ない肉(ささ身、ムネ肉など)や大豆製品(豆腐、納豆など)で取り入れるように。

糖代謝が気になる方は食後30~1時間に運動を

食後は健康な方でも血糖値が上昇するが、糖代謝に異常がみられる場合はインスリンの出るタイミングがズレていたり、細胞でのインスリンの効きが悪くなったりしているため、食後はさらに高血糖になりやすい。
食事内容にもよるが、食後30分~1時間後に血糖値は最大まで上昇するため、食後30分~1時間に運動をすることで、血糖値の急激な上昇を抑えることができる。
糖代謝が気になる方はこのタイミングでの運動がおススメだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 人事部なら知っておきたい、労基署への報告書提出タイミング

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る