メンタルヘルス対策の基本。「4つのケア」

重要性を増すメンタルヘルス対策に関して、昨年末に政府が「メンタルチェック義務法案」の再検討に入るなど、企業の対応がより一層求められることになりそうです。
今回はメンタルヘルス対策の基本である「4つのケア」を改めて確認していきます。

4つのケアとは

メンタルヘルス対策の基本である「4つのケア」とは、セルフケア、ラインケア、事業場内の産業保健スタッフによるケア、事業場外の専門機関によるケアのことです。

(1)セルフケア
労働者自身がストレスや心の健康について理解し、自らのストレスの予防、軽減、また対処を行います。

(2)ラインケア
労働者と日常的に接する管理監督者(管理職)が、心の健康に関して職場環境などの改善や、労働者に対する相談対応などを行います。

(3)事業場内の産業保健スタッフによるケア
産業医や保健師などが、事業場の心の健康づくり対策の提言を行うとともに、その推進を担い、労働者及び管理監督者を支援します。

(4)事業場外の専門機関によるケア
事業場外の機関および専門家を活用し、その支援を受けます。(EAPなど)

4つのケアの中でも、ラインケアとセルフケアを充実させることによって職場内での早期発見・予防につながったという事案をよく耳にします。

「体調がおかしいと思ったらどうすればいいのか」
「メンタル不調の部下に、どう接すればいいのか」

こういった従業員からの疑問に、産業医や保健師による講演を行い教育を進めている企業も増えています。
まずは基本的なところから、メンタルヘルス対策の確認、見直しの検討を行ってみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  2. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  3. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る