本当のダイエット

毎日暑い日が続き、そろそろ夏の疲れが出始める頃ではないだろうか。
このような時期によく見られるのが、食欲が低下し、きちんとした食事が摂れていない、冷たいものばかり口にしている、といった夏バテの諸症状だ。
夏バテで痩せてしまった!という人は多いが、逆に食べたいものだけを偏って摂ってしまったり、ジュース類を飲むことが多く、太ってしまった!という声も聞かれる。
そのような時、次に聞かれるのが、「ダイエットしなきゃ!」という声。
この「ダイエット」という言葉の本当の意味をご存知だろうか?

ダイエットという言葉

前述の言葉では、痩せるとか体重を減らすことを、「ダイエット」と指しているのだが、本来の「ダイエット」の意味するものと異なる。

「ダイエット(Diet)」=健康で活動的な生活をするための食事。
「食事」=日常の(飲)食物。

これが本来の「ダイエット」の意味である。
食事を抜いたり、「○○だけを食べる」等をして体重を減らすことを指すのではないのである。

私は、臨床で看護師として勤務していた頃から印象に残っている言葉に、「人の体は食べたもので作られる」というものがある。
この言葉が全てではないが、「ダイエット」という言葉が、「健康で活動的な生活をする(体を作る)ための食事」だと言ってみると、更に納得できる。

例えば、高度肥満の状態にあり、体重を減らすこと、痩せることが必要な状態においては、「肥満を解消できるように痩せる・体重を減らすための食事」は「ダイエット」と言え、必ずしも何かを制限したり減らしたりすることが異なるわけではない。

日常生活でよく使われている意味よりは、前向きな意味を持つのである。
だからと言って、何でもたくさん食べても良いというものでもなく、摂取する栄養素(内容)・摂取する量・摂取するタイミングなど、様々なバランスを取ることが重要であり、人の体を作る「食事」=「ダイエット」というのは、完璧にこなすのは難しいものである。

ただ、1度の食事で体が作られるわけではなく、1日3回、毎日の食事の積み重ねである。
少しずつでも、本当の意味の「ダイエット」に取り組んで、長く「健康で活動的な」生活をする体を作り上げていきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  2. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  3. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る