世界トップレベルの長寿国

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

また日本が長寿の記録を更新した。
先月31日、厚生労働省は、去年の日本の平均寿命が、男性も女性も過去最高を更新したと発表した。
ついに、男性の平均寿命も80年を超えた。

平成25年の平均寿命

これまでの過去最高の平均寿命は、男性=平成24年の79.94年、女性=平成21年の86.44年であったが、今回、平成25年の平均寿命は、さらに過去最高を更新した。
●男性の平均寿命・・・80.21年
●女性の平均寿命・・・86.61年
前年と比較しても、男性は 0.27 年、女性は 0.20 年上回っている。
男性においては、調査が行われるようになって初めて80年を超えたことになる。
また、男性と女性の平均寿命の差は6.40年となり、一昨年より0.07年縮まった。

世界各国との比較

世界の各国の中で見てみると、女性は2年連続で世界1位を守り、男性は、香港、アイスランド、スイスに次いで世界4位であるという。
先に世界保健機構(WHO)から発表された「世界保健統計」では、世界の平均寿命は70歳のところ、男女合わせた平均寿命でも84歳と、首位であった。
日本は、世界各国と比較しても、男女ともに長寿の国であると言える。

長寿の背景

「平均寿命」とは、0歳の平均余命のことである。
平均寿命は、すべての年齢の死亡状況を集約したものとなっており、保健福祉水準を総合的に示す指標である。
つまり、平均寿命が高いと保健福祉水準が高いと考えられる。

(厚生労働省:平成25年簡易生命表より)
「日本の平均寿命が延びたのは、性・年齢別にみた死亡状況が改善されたことによる。
これを死因別にみると、悪性新生物、心疾患(高血圧性を除く、以下同じ)、脳血管疾患及び肺炎の死亡状況の改善が大きい。」

これらから、かつての日本の保健福祉水準は今ほど高くなかったが、医療技術の発展、食生活・衛生面を含めた住環境の向上により、保健福祉水準が上昇した。
そのことにより、死因となる疾患の死亡状況が減少し、平均寿命も上がったのである。

産業保健分野で重要な課題とも言える「メタボ対策」等が功を奏するようになれば、メタボを始めとする生活習慣病の罹患率が減少し、結果、さらに平均寿命が伸びることが期待される。
その時は、健康な高齢者が増え、健康なまま長生きできる社会であってほしいものである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  2. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る