こんな職場はメンタル不調者が多い!?

今日は、精神疾患などの理由で会社を休職する(退職する)社員が多い会社の特徴を、
下記に挙げさせていただきます。

下記の項目に思い当たるものがあれば、
早期に対策をとることが望ましいでしょう。

・月間の残業時間が80時間を越える社員が10%以上となっている。
・達成感に乏しいクリエイティブな業務(プログラマー、設計、出版など)を行っている。
・本人以外に交代できない仕事が多い(休むことができない)職場である。
・急成長を続けており、納期、ノルマに追われている。
・正社員以外(派遣・契約社員)の割合が多い会社。
・インターネット関連、コールセンター、サポートセンターなどデスクワーク中心の業務
・女性社員の割合が高い会社
・人事総務部、企画管理部門、金融機関の債権回収部門

などが挙げられます。

なお、社内的に優秀な管理者(部課長)の部下にメンタル不調者が多いことも特徴です。

また、健康診断の結果を診ると、大抵の場合、
「コレステロール」での異常所見者が国内平均の30%を遥かに超えています。

コレステロールの異常所見者が多くなる理由として、夕食時間が遅く、外食やコンビニ弁当の割合が多く、
睡眠時間が短いことが、複数の産業医から指摘されています。

貴社の状況と照らし合わせてみて、いかがでしたでしょうか?

メンタルは早期発見が大切です!

メンタル疾患は、放置した期間が長ければ長いほど、回復するまでに、長期間を要することになります。

メンタル疾患が発症する前に、産業医を活用し、適切な人事的措置を行えるよう
また、早期治療が開始できるよう会社として支援するなどの環境を整えることが最も大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  2. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る