ジクロロプロパン取扱い業務従事者への、健康管理手帳交付に関して

指定された医療機関での健康診断が無料に

労働安全衛生法施行令等の改正により、
ジクロロプロパンが特定化学物質として指定された。(平成25年10月1日より)

・ジクロロプロパンとは
印刷物の色を変える際に印刷機を洗浄・払拭するための洗浄剤に使用されていた物質である。
長期間にわたる高濃度ばく露により、胆管がん発症につながる蓋然性が高いと指摘されている。

印刷会社などで、ジクロロプロパンを取り扱う業務に従事していた方むけに、
都道府県労働局では、健康管理手帳の交付を行っている。
対象者は離職時、または離職後に申請を行うことができ、健康管理手帳の交付を受けると、
6カ月に1回、指定された医療機関で健康診断を無料で受けることが可能になる。

対象者

・ジクロロプロパン( 重量の1パーセントを超えて含有する製剤その他の物を含む)を取り扱う業務
従事したことがあり離職する方
※厚生労働省令で定める場所(屋内作業場など通風の悪い場所)での印刷機、その他の設備の清掃の業務(洗浄または払拭の業務)

・対象業務に従事したことがあり、既に退職している方(現在は対象業務から離れている方も含む)

交付要件

・対象業務に3年以上従事した経験があること

ただし労働局では、従事期間が3年に満たない場合も、個別相談に対応している。

申請先や申請手続きの流れなどは、こちらの案内に詳しく記載されている。
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/140619-1a.pdf

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

稲井 沙也加株式会社ドクタートラスト 産業保健部

投稿者プロフィール

美術系の専門学校を卒業後、「企業ではたらく人の健康管理」を専門にしているドクタートラストに興味を持ち入社しました。さまざまな部署での経験を活かし、産業保健分野に関することや労働安全衛生法についてわかりやすく解説してきます!
【保有資格】健康経営アドバイザー

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  2. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  3. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る