衛生委員会の委員構成

企業から衛生委員会にまつわる質問をいただくことはしばしばあります。
特に多いのは従業員数が50名を超え、初めて衛生委員会を設置する場合の「衛生委員会はどんなメンバー構成にしたらいいのか」というものです。

衛生委員会の構成は労働安全衛生法で決められています

衛生委員会の構成は、労働安全衛生法18条の2第3項にて次のように定められています。

①【議長】人事部長や支店長また、総括安全衛生管理者(特殊、危険な事業所の場合)
②【衛生管理者】
③【産業医】
④【労働者】衛生に関する経験を有する者で事業者が指名した者

※【議長】についての補足
本社の場合、人事部長が、支店の場合は、支店長が最も多いと思われます。
また、社長や取締役を選任するケースはほとんどいと言われています。
加えて、特定の業種、一定規模以上の事業所においては統括安全衛生管理者が選任されます。

その他、衛生委員会メンバーを構成する際のポイント

メンバーの半数は労働者代表

議長以外の委員については、事業者が委員を指名することとされています。
また、この内の半数については、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合はその労働組合、過半数で組織する労働組合がない場合は労働者の過半数を代表する者の推薦に基づき指名します。

議長には議決権がありません

議長には、原則、議決権はありません。
ただし、労使同数で対立した議案などの最終決定権を持っています。

会社側、労働者側の構成が半々になるようにします

メンバーを調整は、会社側と労働者側が同数になるようにしなければなりません。

最近の委員会構成のトレンド

最近では委員会のメンバーとは別枠で、議事録作成を目的とした、書記を同席させる会社もよく聞きます。

より良い労働環境の為にも、安全・衛生委員会は正しい労使間メンバーによって行いたいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

田野優人株式会社ドクタートラスト 産業カウンセラー

投稿者プロフィール

日本の働き方、メンタルヘルスのあり方に不信感を抱き、大学では社会学を専攻。卒業後、健康経営のコンサルタントの道を進むべくドクタートラストへ入社。今まで延べ500社以上の企業へ訪問し、産業保健体制の実態を目の当たりにしてきました。また、産業カウンセラーとしても日々、悩みを抱える方々との面談を行っています。
【保有資格】産業カウンセラー
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る