1日6時間座っている人は早死にする?

2e1eb002c5d8c2443399a93024491ad8_m

デスクワークの人は、黄色信号!

オフィスワークの方の多くは、1日8時間、9時間座りっぱなしでいることも
珍しくないのではないだろうか。
実はその習慣は老化を加速させているのだ。
座りっぱなしで動かない生活は、タバコと同じくらい体に悪いことがわかった。
「健康のためには運動したほうがよい」ということは知っていても、
「運動しないこと」が招く弊害についてはあまり知られていないだろう。

運動は“できればしたほうがよい”ものではなく、
「運動しないと早く老化し、早死にする」
これが、科学の進歩によってわかってきた新たな常識だ。

座りっぱなしで体を動かさない生活を
「セデンタリー・ライフスタイル(Sedentary Lifestyle)」という。
WHO(世界保健機関)によると、セデンタリー・ライフスタイルは、
生活習慣病と同じように、がん・糖尿病・心臓病などを引き起こす原因となり、
年間約200万人の死亡原因になっていると算出されている。
また、アメリカの男女10万人を14年間追跡した研究(2010年、Thunら)によれば、
1日6時間以上座っている人は、3時間以内の人よりも早死にしやすいことがわった。
さらに、動かない生活は、脳細胞をも殺す(実際に脳が縮んでいく)ほど
恐ろしい習慣なのだ。

その理由は、人類が誕生した約100万年前にさかのぼるのだが、
狩猟生活で慢性的な飢餓状態にあった当時の人々は、
毎日20kmくらい走っていたそうだ。

人間が安定して毎日食事を食べられるようなったのは、たかだかここ100年ほどのこと。
交通機関や車が普及し、1日中パソコンと向き合って仕事をするようになったのも、
人類の歴史から見るとごくわずかだ。

そもそも、人間は体を動かしてこそうまくいくように遺伝子設計されている。
日頃デスクワークが中心の人にとって、座りっぱなしの生活を変えることは難しいかもしれないが、
日常の活動量を増やすことは可能だし、だからこそ、意識的に体を動かし脳を活性化する工夫が
必要なのだ。

毎日長時間座りっぱなしだなぁ・・・
という方は、日々の生活の中で、いかに体を動かす工夫ができるかがとても大切なのである。

立つ!歩く!ストレッチする!運動する!
簡単なことで老化は防げるので、日頃の生活を振り返ってみるのも大切だ。

高橋 さなえ

高橋 さなえ株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

会社員時代に産業保健に興味を持ち、保健師になりました。
企業勤めの経験を活かし、はたらく人にとって身近なテーマを発信させていただきます!

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 溝口2

    社会保険加入条件緩和で、産業医選任義務の事業場は拡大するか?

  2. 残業

    ノー残業で帰宅するために、企業と個人ができること

  3. syamei

    違法長時間労働で社名が公表される企業、されない企業

  4. 6jikan

    北欧で流行りの「1日6時間労働」! 日本で実現する?

  5. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

一目置かれる健康知識

  1. 2e1eb002c5d8c2443399a93024491ad8_m
  2. 落ち込むビジネスマン
  3. 杉井記事
  4. nyuugann
  5. jiritu
  6. AdobeStock_50156371
  7. tabajo-675x400
ページ上部へ戻る