カビと健康障害

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
062443

全国的に梅雨入りし、ジメジメした季節の真っただ中ですね。
この時期、特に気になるのが「カビ」ですが、実際には、カビは1年中発生可能です。
カビと言えば「美観を損ねる」、「カビ臭い」、あるいは「食べ物にカビが生えてしまった」という負のイメージを持っている方は多いでしょう。
実はこのカビ、私たちの健康へもざまざまな影響があります。

カビによる身近な健康障害

①カビが繁殖した食品を食べて起こるカビ毒中毒症
少しお腹を壊してしまったり、嘔気・嘔吐などの消化器症状が出ることが多いです。
また、カビの中には、発ガン性のあるものや、腎臓や神経に対して、毒になる物質を作る種類もあり、食べないよう気を付つけましょう。

②カビ菌が皮膚から浸入して病変を起こす真菌症
(水虫やおむつかぶれ等が代表的)
単に発生しやすい環境(状況)だけでなく、増殖しやすい状況も重なると、悪化しやすくなります。
水虫の場合は、家庭内で感染が広がることや、外見上の問題、治りにくいといった特徴があります。

③呼吸や経口から体内に侵入して障害を及ぼす真菌感染症
(アレルギー性鼻炎や喘息、肺炎など)
空気中のカビを吸い込んでしまうことで起こることがほとんどで、アレルギー疾患のもとにもなります。
たとえば、エアコンをはじめとした空調機器のフィルターの汚れなどが原因で、空気中にたくさんのカビ胞子が飛散した場合には、過敏性肺炎になることも。

気を付けたい日本の環境

5~35℃前後であれば、カビは十分に発育できると言われており、日本の一般住宅の平均温度はこれに当てはまります。
また、カビ自体は、常に空気中に存在しているもの。
特に、水や埃がたまりやすい所、手が届かない場所、あまり使用せずに、押入れなどにしまってあるものに生えやすい特徴があります。

カビ対策

(基本原則)
・結露や水滴などが付着していたら、拭き取る
・通気性を良くして、水蒸気は外へ出す
・合わせて、除湿を行うと良い
・よく乾燥させる

(家庭での具体例)
●久しぶりにエアコンを使う時
→ フィルターを交換(またはしっかり掃除)する

●布団や洋服の衣替えをする時
→ 定期的に天日干しして、殺菌の効果を得る
衣替えした衣類も、干す、または風を通すようにすると良いでしょう。

※カビは発生して、目に見えているもの以外に、空気中に浮遊しているものも、とても多い
※エアコン等のフィルターの汚れには、特に注意が必要
※小さいお子さんがいる家庭、抵抗力が下がっている家族がいる、アレルギー体質(アトピー性皮膚炎含む)の家族がいる等の場合は、細心の注意が必要

ジメジメを強く実感するこの季節ですが、カビ自体は1年中発生しやすく、存在します。
対策次第で、健康への被害は予防、もしくは最小限に抑えることができます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
西岡 まゆみ

西岡 まゆみ株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

自分も働く労働者の一人として、皆様の立場に立った視点を持つことも忘れずに情報発信していければと思っています。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 地球儀

    世界の労働時間ランキング、日本は何位?

  2. rousai

    業務委託契約でも労災は適用される?

  3. o0800080012607003344

    産業医選任の届出には何が必要?

  4. 001-675x400

    脱マンネリ化!衛生委員会テーマ資料・メールマガジンについて

  5. youko

    健診結果は該当!法改正にともなう「要配慮個人情報」の取り扱いポイントとは

一目置かれる健康知識

  1. kahun
  2. mashin
  3. 180427_hashika
  4. 0119-kahunsyou
  5. tabajo-675x400
  6. jiritu
  7. 1215-suiminbusoku1221
ページ上部へ戻る