労災による死亡者1000人超え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今や労働災害は広く周知されてきましたが、
労働災害による死亡者数が年間1,000人超えているのをご存知でしょうか
(厚生労働省働災害発生状況平成24年)

労働災害による死亡事故は、新聞やニュースなどでも多くは取り上げられませんが、
実際には1,000人以上の方がお亡くなりになっています。

このような状況の中で、まず取り組まなければいけないのが
労働安全衛生法を働くすべての人に浸透させることです。

労働安全衛生法は、従業員(労働者)の安全と健康を守り、
労働災害を防止することを目的としています。
従業員が日々良好な健康状態を保ち、
安全な環境のもとで働く、
一見当たり前のように思えることが、
実は労働安全衛生法に定められているルールによって守られているのです。

労働安全衛生法は、人事や労務担当者だけでなく、
すべての働く人々が知っておくべき法律であると言え
とくに現場のリーダーは、労働安全衛生法をよく理解し、
意識しながら職務にあたる必要があります。
なぜなら、事故が起こったときに、
現場のリーダーは、この法律を
「知らなかった」では済まされないのです。

労働安全衛生法は、専門的な用語が多用されています。
また、関係省令や告示の数も膨大です。
難解な法律というイメージはあながち否定できません。
しかし、労働安全衛生をしっかりと認識することで、
従業者の安全・作業の安全確保に役立ち、
事故を未然に防ぐことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
藤吉 圭介

藤吉 圭介株式会社ドクタートラスト 産業保健部

投稿者プロフィール

社員の皆様が健康で元気に働けるよう毎日全力で頑張っていきます。
色んな事を吸収しながら元気に頑張っていきますので、よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 定期健康診断結果報告書 記入にあたっての注意事項

  2. もし健康診断を拒否する従業員がいたら? 放っておくと罰金??

  3. 「出向社員」に対する安全衛生管理

  4. 健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

  5. 衛生委員会のメンバー構成とは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る