メタボの怖いお話

716fa4ca2679ec436789c59eef65efc0_m

メタボリックシンドロームの対策には、食生活の改善と、適度な運動が必要です

‥とはどこでも言われていますよね。
「そんなことはわかっているけど、めんどくさくてできない‥」
という方が多いと思います

具体的な方法はいろいろありますが、ダイエットを続けるには強い意志が必要です。
なので、私からは、痩せなきゃ!という気持ちになるような怖~いお話をしたいと思います。

メタボの恐怖

o0544020212025743426
54歳で心筋梗塞を発症する前から、いくつかの前触れが。
40歳で肥満、46歳では高脂血症や高血糖がみられ、典型的な
メタボリックシンドロームといえます。
50歳になると、心電図に異常がみられ、最後には心筋梗塞を発症してしまいました。
もっと早く対処をしていれば、この患者さんは心筋梗塞にはならなかったのかもしれません。

みなさん、自分の年齢と健康状態とを照らし合わせて考えてください。
40代でメタボリックシンドロームの方は、今自覚症状がないからといって放っておくと、
50代、60代で命にかかわるような疾患(心筋梗塞や脳梗塞)にかかってしまうかもしれません。

50代というとまだまだ働き盛りの年代です。50歳になっても、60歳になっても
元気に仕事をしたい!と考えている方は今すぐにメタボ対策を始めることをオススメします。

山川 加奈子

山川 加奈子株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

社員ひとりひとりの気持ちに寄り添うことができる温かい心を持った保健師を目指して日々勉強中です。先生のご指導の下、企業への最善のサポートが出来るよう努力したいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 610

    デスクワークに殺されないために私たちがすべきこと

  2. syamei

    違法長時間労働で社名が公表される企業、されない企業

  3. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

  4. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

  5. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

一目置かれる健康知識

  1. 疲れ目のサイン
  2. 落ち込むビジネスマン
  3. AdobeStock_50156371
  4. jiritu
  5. ^8DCC026F7626FAF8066AAF708AC72A779CE8E682D19ADB58CB^pimgpsh_fullsize_distr
  6. 171121
  7. nyuugann
ページ上部へ戻る