メンタルヘルス。適切な復職判定を行う為に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
a94b28f49a15669ffa38efc85db0b517_m

先般、「心の健康問題により休業した労働者の職場復帰支援の手引き」(厚生労働省)
の作成にも携わった、産業医の先生のお話を伺う機会があった。

その中でお話があった、
企業がメンタルヘルス不調者の
適切な復職判定を行う為に重要となるポイントを、
是非紹介したい。

職場としての復職判定の実施

復職に際し、企業が行うべき判断は
「病気が良くなったかどうかの判断」ではなく、
「仕事ができるかどうかの判断」である。

精神科主治医から提出される診断書とのずれ

精神科主治医の意見は大切な判断材料である。
しかし、主治医の行う「復職可能」の判断が
企業の求める復職の基準に満たない場合がある。

主治医からの診断書に記される
「通常の業務、支障なきものとみなす。」
という文言の、「通常の業務」とはどのレベルなのか、

職場として復職可能なレベルの明確化を行うことが有益である。
(復職した以上、やってもらうべき仕事量のスタンダードを決める。)

職場関係者の合議制をとる

復職の判断は、産業医や人事部長などが個人の判断で下すのではなく、
復職判定委員会などを設置し、合議によって決めるのが有効。

復職は、判断のハードルを下げればいくらでも出来てしまう。
また、再休職を繰り返すと、病状が治りにくくなってしまう為、
企業は再休職率の低下を目安に、復職判定を行うべきだとの
先生のお話は、非常に印象に残るものだった。

その他の話も引き続き、このページで紹介していきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
宮入 孝史

宮入 孝史株式会社ドクタートラスト 産業保健部

投稿者プロフィール

健康な社員を増やすことが企業の元気につながると信じ、為になる情報を皆さんにお伝えしたいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 杉井記事

    ストレスチェック関連の契約書に印紙は必要か?

  2. b232a423bf2b83d59644746975f31298_m

    労働安全衛生の「法」「施行令」「規則」の違い

  3. ^74012A7598DCDC887C5D3D020B5C908C223AA77E179840BFE6^pimgpsh_fullsize_distr

    衛生管理者は週1回、職場を巡視しましょう

  4. 170628%e6%b1%a0%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc

    産休や育休で有給休暇は減ってしまう?

  5. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

一目置かれる健康知識

  1. jiritu
  2. 0119-kahunsyou
  3. mashin
  4. 1027-%e9%87%91%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc
  5. tabajo-675x400
  6. 170328
  7. 180427_hashika
ページ上部へ戻る