特定健康診査とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

みなさん、「特定健康診査(特定健診)」のことをご存じですか?

特定健診とは

特定健診は「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健康診査」のことをいいます。
※メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪の蓄積により、高血圧・高血糖・脂質異常症などが重複した状態のこと。

対象者は、40歳以上75歳未満(年度途中に75歳に達する人を含む)の被保険者および被扶養者を対象としています。

特定健診にて実施する健診項目

■ 基本的な項目
・質問票(喫煙歴、服薬歴等)
・身体診察
・身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)
・血圧測定
・尿検査(尿糖、尿蛋白)
・血液検査
脂質【中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール】
肝機能【AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP】
血糖【空腹時血糖、又はHbA1c】

■ 医師が必要と判断した場合に実施する項目
・血液検査(貧血の検査)
・心電図
・眼底検査

健診結果から、保健指導のレベル(情報提供・動機付け支援・積極的支援)が決められ、リスクがある方には、医師や保健師や管理栄養士等がサポート(特定保健指導)を行います。

健診結果に基づいて生活習慣を改善することにより、予防・改善することができます。
健診後は、ぜひ特定保健指導を受けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
豊原 千晴

豊原 千晴株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 衛生管理者は週1回、職場を巡視しましょう

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る