20代の禁煙治療に保険適用の方針

tabako

厚生労働省は、来年度の診療報酬改定で20代のニコチン依存症治療に保険を適用する方針を固めた。

現在、ニコチン依存症治療に保険を適用するためには、次の要件を満たすことが必要となる。
(もし満たせない場合は、自由診療で治療を受けることが可能)

・健康保険等で禁煙治療が受けられる医療機関を受診すること
・前回の治療の初回診療日から1年経過していること
・禁煙治療を受けるための4つの要件を満たすこと

保険適用のための4つの要件

・1日あたりの平均喫煙本数×喫煙継続年数が200以上
・ニコチン依存度スクリーニングテストの点数が5点以上
・1ヶ月以内に禁煙を始める意思
・禁煙治療を受けることに文書で同意

今の保険適用の基準を20代の方が満たすためには、
29歳の方で1日23本、21歳だと1日200本吸う計算となる。
この数字を見ると、若年層ほど保険の適用が困難なことが分かるだろう。

20代からの喫煙は依存症のリスクを高める恐れがあるとして、
禁煙を推奨されているが、その一方で若年層の禁煙治療については、
保険の適用条件が厳しいという現実もあり、20代の方が禁煙するための環境は、
まだまだ整備されていないのが現状だ。

喫煙の影響は広く知られている通り、
やはり一番怖いのが、肺がんのリスクが高まるところにある。
喫煙の影響は、喫煙流行から約30年で表れると言われている。
日本で喫煙が流行ったのが1970年辺りで、
その後1998年頃に、部位別がん死亡者数で肺がんがトップとなった。

喫煙がもたらす健康への影響は知ってのとおりとても大きい。
それに加え、禁煙・分煙が叫ばれる中、喫煙者が勤務中にタバコを吸う時間を休憩時間と取るかどうか、
受動喫煙の低減等、非喫煙者からの反発もあるのが現実だ。

喫煙のリスクは健康面のみならず、社内での人間関係にも影響を及ぼす恐れがある。
禁煙を始めるなら、なるべく早く始めた方が喫煙習慣も短く、抜け出しやすい。

来年度から20代での保険が適用されることが正式に決まった場合、
この機会に禁煙を考えてみては如何だろうか。

※参考※
ニコチン依存度スクリーニングテスト
http://sugu-kinen.jp/success/tds.html
タバコへの依存度を測るための「はい/いいえ」形式のテスト。
ニコチン依存度への評価が正確に出来るとされ、保険診療の際の判定基準になっている。
あくまでテストなので、最終的な依存症かどうかの判断は医師が行う。

山中 学

山中 学株式会社ドクタートラスト 産業保健部

投稿者プロフィール

産業保健分野に関する情報を、
素早く正確にお伝え出来るよう、頑張ります。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 001-675x400

    脱マンネリ化!衛生委員会テーマ資料・メールマガジンについて

  2. rousai

    業務委託契約でも労災は適用される?

  3. a0001_013731

    定期健康診断結果報告書 記入にあたっての注意事項

  4. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

  5. b232a423bf2b83d59644746975f31298_m

    労働安全衛生の「法」「施行令」「規則」の違い

一目置かれる健康知識

  1. 87c30181d5d399c9275972574c37e27b_m
  2. tabajo-675x400
  3. 1027-%e9%87%91%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc
  4. kusuri
  5. 180427_hashika
  6. 170328
  7. 0119-kahunsyou
ページ上部へ戻る