内服薬の飲み方について

373c6934daa262a5e9d282a799fb086c_m

花粉症の季節、抗アレルギー剤カエルを内服していた方も多いかと思う。

そろそろ内服を止められる時期でしょうか?

薬局で薬をもらう時に、食前や食後に飲んでくださいと説明された経験があるかと思う。

食前や食後また食間とはだいたいいつ頃?

薬の服用時間には、主に次のようなものがある。

食前・・・食事のおよそ30分前
食直前・・・食事の直前
食直後・・・食事のすぐ後
食後・・・食事のおよそ30分後(以内)
食間・・・食事のおよそ2時間後
就寝前・・・寝るおよそ30分前

これはあくまでおおよその時間。
多少時間がずれても、飲み忘れない事が大切。

食前
空腹の状態です。食べ物や胃酸の影響を受けないので薬は速く吸収され、速く効果を現す。
その代わり胃を刺激しやすく、胃を荒らしやすくなる。
食前に飲む薬には、吐き気止めや食欲増進剤、漢方薬、一部の経口糖尿病薬などがある。
食前は飲み忘れが多いので気をつけよう。

食間
「食事と食事の間」という意味で、食事を終えて約2時間後が目安となる。
食後2時間たった頃は、胃が消化・吸収の働きを終え、胃酸の分泌が少なく、
吸収も良好。食間に飲む薬としては、漢方薬のように吸収されにくく、
胃を荒らしにくい薬や胃粘膜を保護する薬、食事の影響を受けやすい薬などがある。
食後
食事が終わった後、胃の中は食べたものが多くある状態で、しかも消化のために胃酸も多く分泌されている。
食事を終えて30分が過ぎた頃になると、胃の中の食べ物も少なくなり、薬による胃への刺激が少ない状態になる。
内服薬の多くは「食後30分」と指示されることが多いのですが、これは、薬が吸収されやすい状態であり
比較的胃を荒らさず、食後に飲むことで薬の飲み忘れを防ぐ効果がある。
また、食後は胃の血液の量も増えているため、薬の成分が血液とともに運ばれやすいという効果もある。

就寝前
食前や食後の場合と違い、胃の中の状態とは関係ありません。就寝の20~30分前には薬を飲むようにしよう。
就寝前に飲む薬には、下剤や、夜間の発作を予防する薬、睡眠薬などがある。

薬は決められた量、回数、飲み方(食前、食後、食間など)を守らなければいけません。
決められた量よりも多く飲んだり、短い間隔で飲むと薬が効きすぎて副作用を強く起こすことがある。
また、少なく飲んだり、間隔を長くあけて飲むと、十分な効果が現れないこともある。決められた分量や回数はきちんと守って飲みましょう。

中山 真樹

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

看護師勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。企業の健康管理室に出向していた経験を、健康管理業務に活かしたいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. sofa

    休養室にも設置義務があります!

  2. 001-675x400

    脱マンネリ化!衛生委員会テーマ資料・メールマガジンについて

  3. kyohi

    もし健康診断を拒否する従業員がいたら?

  4. ihou

    職場の救急箱未設置は違法? 職場の安全配慮義務について

  5. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

一目置かれる健康知識

  1. jiritu
  2. kusuri
  3. kahun
  4. mashin
  5. 170328
  6. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  7. 180427_hashika
ページ上部へ戻る