過労死基本法。過重労働防止も含めて骨子作成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

17日、超党派の議員連盟が臨時国会への提出を目指す
過労死防止基本法の法案の骨子が固まったとの報道があった。

法案名は「過労死等防止基本法」とし、
「等」をつけることで過労死や過労自死だけでなく、
その原因となる過重労働を含めた防止を目指すとしている。
議連は各党に持ち帰り、今月末までに意見をまとめた上で提出したい意向とのこと。

骨子案の主な内容

・過労死等はあってはならない。社会的・経済的な取組として対策を実施。

・政府は、国会に過労死の概要や防止対策の実施状況を年次報告する。

・国は、家族や遺族、学識経験者で構成する会議の意見を聴いて、
防止対策推進の基本計画を作成。

・事業主は、国や自治体に協力し、
労働者の健康保持に必要な措置を講じるように努める。

国と地方公共団体に防止対策策定と実施の責務を課し、
事業主にも対策への協力と労働者の健康保持についての努力義務を課した。

防止対策の基本計画では、
過労死等防止総合対策会議を厚生労働省に置くとし、
被害者遺族の代表と学識者で構成するなどとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
宮城 隆史

宮城 隆史株式会社ドクタートラスト 産業保健部

投稿者プロフィール

健康な社員を増やすことが企業の元気につながると信じ、為になる情報を皆さんにお伝えしたいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 選んでますか? 衛生推進者

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る