ピロリ菌治療

stockvault-escherichia-coli134737 (1)

一度は耳にされたこともある「ピロリ菌」。
この菌を除去する治療が、保険適応になったというニュースを目にされた方も多いと思います。

ピロリ菌を除去する治療なんて、自分にはあまり関係がないと思っていませんか?

実は、ピロリ菌は日本人の保菌率が高い

50歳以上の方は8割以上、29歳以下の人の場合でも3割程度が保菌していると言われています。

ピロリ菌は、胃潰瘍や胃がんの原因となります。
特に若い人はピロリ菌の除去を行うことで、胃の病気のほとんどを防ぐことが出来ます。

★保険適応になった場合の費用★
検査~治療まで6000円程度。胃痛や胸焼けなどの胃の症状があれば、軽くても保険の適応になります。

★治療の方法★
除菌薬を4週間服用します。

★除菌できる確率★
1回目の治療で、7割程度。除菌が出来なかった場合は、薬を変えて治療を行います。
2回目までの治療は、保険で行うことが出来ます。

★仕事への影響★
抗菌薬の副作用として、『腹痛・下痢・味覚障害』などがありますが、
いずれも2~3日で治まることが多いので、
医師に相談し、独断でお薬を止めることは絶対に避けましょう!
(中途半端に薬を止めてしまうと、耐性菌といって、その薬が効かない菌へと
変化してしまうことがあります!)

「胃が痛いことが多い」「胃炎持ち」・・・という方は、身近にも多いと思いますので、
消化器内科への受診の際は、是非ピロリ菌の検査・治療についても相談をしてみてください!!

まずはピロリ菌の有無を検査し、
胃にピロリ菌がいれば、治療を受けることが出来ます。

また、ピロリ菌がいるかどうかの検査は、胃カメラを使わなくても、
吐く息や採血、便の検査などで調べることが可能です!
※但し、胃の症状が強い場合は胃カメラが必要な場合もありますので、
医師とよくご相談ください。

山川 加奈子

山川 加奈子株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

社員ひとりひとりの気持ちに寄り添うことができる温かい心を持った保健師を目指して日々勉強中です。先生のご指導の下、企業への最善のサポートが出来るよう努力したいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

  2. N934_karutewomitekangaerudr

    休業中の定期健康診断について

  3. PPW_pagewomekurunote_TP_V

    選んでますか? 衛生推進者

  4. youko

    健診結果は該当!法改定にともなう「要配慮個人情報」の取り扱いポイントとは

  5. be07ec325ef946d1ff73926c8d591255_m

    産業医を変更したときの届出

一目置かれる健康知識

  1. 87c30181d5d399c9275972574c37e27b_m
  2. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
  3. 0119-kahunsyou
  4. jiritu
  5. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  6. kahun
  7. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
ページ上部へ戻る